ミズノプロ 520 アイアン。 【スペック】Mizuno Pro 520 アイアン/ミズノ|ゴルフクラブ評価ナビ

グリップも細め。

「ミズノプロ518」ではトップブレードがやや厚めに感じましたが、「ミズノプロ520」は若干狭めになったように感じました。

ミズノのニューモデル「ミズノプロ」シリーズ最新モデル「ミズノプロ120」「同520」「同920」の3モデルのアイアンと「同FLI-HI」UT、「同T20」ウエッジの計5モデルを試打できました。

この組み合わせだとそれができなかった感は否めません。

打感がたまらないです。

引っ掛かりのミスも軽減されている。

もちろん、オールドゴルファーにとって、このバックフェースは、それだけで高機能であるように感じさせます。

0 フェースが自然にターンして、つかまり過ぎない程度によくつかまります。

たいていのクラブの芯はフェース中心ではなかったりしますが、おそらくフェース中心付近に芯を近づけようという試みではないかと思われます。

カスタムオーダーだけとのこと、ライ角もー0. もし、やさしいだけでどこで打っても同じ打感、どこで打っても同じ結果のアイアンだったらどうする? の問いに、 原英莉花プロは【いろいろとショットクオリティを高めようと追求するのをやめてしまうでしょうね】と。

フィッティングを受ければ、自分にはどのヘッドが合うのか勧めてもらえますよ。

91

メインコンテンツ• (個人差がありますので、一概には言えません。

機能としては「操作性」を大事にしているだけあって、とてもコントローラブル。

アーカイブ アーカイブ. ボクのイメージとしては、ややカット打ち気味のイメージでもしっかり球がつかまるイメージでした。

ミズノ「ミズノプロ920」アイアン コラム KAZ 69年1月19日生まれ50歳。

しかも、スピン量も適量で最高到達点から良い感じの放物線を描くイメージで、最後にひと伸びがある感じ。

さらに言えば、メッチャシャープに振れます! スカイトラックのデータ的にも平均して5300rpmあたりなので、スピン量は適量でしょうね。

オフセンターのロスがさらに軽減されている。

ジャンルナビ• ワッグルしてみても結構ヘッドが動くイメージで、素振りしてみてもヘッドの走り感を感じました。

それならシャフト用だけでなく、ヘッドも含めたカスタムフィッティングができるのではないかとなりました。

50