二 十 四 節気。 二十四節気(にじゅうしせっき)

大地の霜柱を踏むのもこの頃から。

陰暦9月の節。

従がって雨水が正月十五日以前にきたときは立春はその15日前なので、立春が前の年という事が起こりうるわけです。

しかし、節月でみれば、これは太陽暦ですから季節のズレは生じません。

上のグラフは二十四節気が作られた 中原 ちゅうげん から代表して洛陽を選び、東京と年間の平均最高気温を比べたものです。

二十四節気とは、古代中国で成立したもので、当初、冬至を計算の起点にして、1太陽年を24等分した約15日ごとに設けられました。

16

秋はいよいよ本格的となり、野には薄の穂が顔を出し、野の草には露が宿るようになり、秋の趣がひとしお感じられる頃。

二十四節気とは 二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたものです。

朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める。

小寒から節分までを寒の内という。

この月を 暦月といいます。

49 12