て な もん や 三度笠。 藤田まこと

その後リハビリを続けていたが、、の自宅で夕食後の家族団らん中に突然吐血し、に搬送されるも、翌午前7時25分、のため死去。 脚本:• (1968年、東宝)• - 東北編(第218話 - 第255話)の中盤から終盤に掛けて官軍の兵士が時折口ずさんでいた日本最初の軍歌とされる歌。 76歳だった。 品川・御殿山のおはな婆(三浦策郎)の茶屋、折しも桜が満開、そこに大砲奉行・林兵庫頭(丸井太郎)ら幕府軍一行(天野新士、関敬六、三角八郎)が登場、時次郎、珍念と共に花見を始める。 結婚式と披露宴の費用は、それらの様子を収めた映像を1年間式場のテレビコマーシャルに使用させることと引き換えに、無料にすることに成功した。
85

トリオでいこう(1962年9月 - 1963年9月、NETテレビ)• 、81-82頁。

天外のいじわる爺さん(1962年、MBS)• 番組開始当初の視聴率(調べ)は関西で15. (1977年1月 - 11月) - 中村主水• 映画・ドラマでの出演は多いが、ここまで舞台コメディ的な姿が見られるのは貴重! 第254話あらすじ 『てなもんや三度笠』復活放送第2弾の3回目。

(1981年5月 - 1982年6月) - 中村主水• ただし、再生不能なテープも多く、再生可能の数十本のみがVHS・DVDでリリースされている。

9回、11回(1972年)• にいる兄に会うためであるが、実は従兄でありでもあった。

また、死から5ヶ月後に放送されたスペシャルドラマ「」 放送 では、過去の映像と声のみ出演した(そのため、エンディングのキャストロールで藤田の名前が表示されていた)。

彼女にも悪かった」と述べている。

藤田まことが自ら歌った番組の主題歌(香川登志緒・作詞/林伊佐緒・作曲)も人気を博した。

遺作は『』の第32作目(放送)。

タイトル:• (2008年1月2日) -• 勤王浪士(反幕府)が多いことから、急遽、海路で大砲を運ぼうとしたところ、深川の番所で、むしろその勤王浪士と疑われ、捕らえられます。

収入も『てなもんや三度笠』に出演していた頃よりも良かったが、巡業先でテレビをつけて見知った顔が出てくると焦りを感じたという 再生できたテープの詳細は第164話、第218話、第252話~第256話、第258話、第259話、第262話、第263話、第266話、第268話、第269話、第275話~第280話、第282話、第284話、第286話、第288話、第290話、第291話、第293話、第294話、第296話、第297話、第299話、第300話、第301話、第308話の34回分• もともと歌手志望で、ディック・ミネのカバン持ちをしていた時代もある位だったが、達者な喋りで司会業をこなし、やがてコメディアンとして大成した藤田にとって、本来の持ち味を発揮する絶好の場が巡ってきたわけで、番組主題歌「てなもんや三度笠」に続いて、「呑まんとおられへん」「残酷行進曲」など続々とレコードを出せたのは、本人にとってもさぞかし嬉しいことだったに違いない
山根赤鬼版 「」()にて1964-1965年に連載 『必殺仕置人』は当初、が演じるを中心に描かれていたが、次第に藤田の中村主水を中心に物語が展開するようになった
、183-185頁 『人生番狂わせ』 、1999年• 提供表示・女性(山口紀久子)によるCM(提供アナウンスは「良い子のおやつでおなじみの前田製菓の時間が参りました」、クレジットには子供兄妹と思われる人形が飾られ、そこに前田のクラッカーが添えられて、字幕「提供 前田製菓」が入る)• 後に藤田は兄からの葉書をコピーし、常に携帯するようになった
色仕掛けで幕府の役人を籠絡して時次郎と珍念を救います 第19話「故郷に虹を見た」(1974年、フジテレビ) - 壮吉 役• 死去 [ ] に体調不良を訴えて検査を受けたところ、であることが判明、6月の『』の舞台公演を降板して入院加療を行い 、下旬より復帰、・の『』に中村主水役でレギュラー出演した
家族の元へ戻った時、姉は肺を患い伏せっていた(間もなく死去 ) 特別番組 [ ] 本作の時代劇専門チャンネルでの放送に先駆けて、特別番組『これが伝説の舞台裏!てなもんや奮闘記 - てなもんや三度笠 特別番組 - 』が同チャンネルで前後編と言う形で放送された
『』(1990年1月26日、フジテレビ) - 田代圭策• このことに対するストレスから藤田はNHKのスタジオに近づくだけで熱っぽさ、息苦しさ、頭痛などを覚えるようになった 中村雨之丞(第256話-第269話) 歌舞伎の女形
ゲスト [ ] 天王寺屋塔兵衛(てんのうじや とうべえ): 時次郎の親分 月が笑ってらぁ(劇場版『』、連続時代劇『』主題歌
36