数 称 障害。 大学院は「隠れ発達障害者の沼」だった 発達障害と研究者の不思議な関係

例えば、私は記憶力と記録魔な特性が尖っているかわりに、数学的なものとの相性が悪かったです。

歩道のタイル、建物の床の模様が規則的に並んでいるところを歩くと、ぽんぽんと自分なりに順番をつけてそこをめがけて歩いたりするのも「同質のものの集合」という「あり方」を作ろうとする意欲のあらわれです。

本の出版作業の区切りや最終ゴールがどこなのか、私には分からなくなり、あの時は非常に苦しかったです。

そうすることで、「エクスポージャー後、時間が経過するとともに、不安や不快感が少なくなる」ということや、「エクスポージャー後に強迫行為をしなくても、実際には恐れていることは起こらない・強迫観念は、実際には気にする必要のないものだった」ということを患者が学んでいく。

Comportement compulsif d'allure obsessionnelle par lésion bilatérale des noyaux lenticulaires. そこでは、治療メカニズムと治療課題をよく説明した後、曝露反応妨害法の実施に先立って、治療者が治療課題であるエクスポージャーと儀式妨害を実際にやってみせる(適度な時間の手洗いをしてみせたり、鍵の確認を一度で済ませてみせたりする)。

算数障害に一般的な症状は、、時間の分析とアナログ時計の解読に困難のあること、数を伴う系列反応課題(motor sequencing)に苦労することであり、また彼らはよく数を足し合わせる際に指で数える。

この知人が言っていたとおり、私が院生時代に在籍していた研究室とその周辺には、「医学的な診断は受けていないけれど、何だか発達障害っぽい」人は、ゴロゴロいたように感じています。

72 35