リブレ 糖尿病。 「FreeStyle リブレ」が1型糖尿病の低血糖時間を短縮 Lancetに発表

知りたいときに数値を見ることができますので、 食後の血糖がどのようなカーブを描いているのか、 何を食べるとどのくらい上がるのか、 非常に興味深い結果を知ることができます。

血糖値そのものではなく、血糖値と近い動きをする間質液中のグルコース濃度を測定します。

血糖値の推移(トレンド)グラフを作成可能 本体(リーダー)に保存されている血糖値のデータを、専用のソフトウェアを使用することで、血糖推移のトレンドグラフに加工することが可能です。

わが国では2017年9月1日より保険適用となっている。

スキャンは、衣服の上からでも可能です。

でも自費で行うことは可能です。

この機械では血液中の糖分を測るのではなく、 皮下組織に存在する「間質液」に含まれる グルコース濃度を測定しているということです。