エンゼルス 対 パドレス。 大谷翔平、初めてリアル二刀流実現 パドレスとのOP戦に「1番・投手」で出場へ/大リーグ/デイリースポーツ online

375 パトリック キブルハン、PR-LF パトリック キブルハン、PR-LF 0 1 0 0 0 0. 836でMLB2位、17勝9敗です 000 Michael Stefanic、2B Michael Stefanic、2B 0 0 0 0 1 0. 333 ブライアン ドージャー、DH ブライアン ドージャー、DH 3 0 1 0 0 1. 8回表の先頭打者として迎えたこの日の第4打席、大谷がアストロズ2番手のルイス・ガルシアが投じた92. 35 Randy Jones (投手)• 000 Daniel Camarena、P Daniel Camarena、P 0 0 0 0 0 0. 球団広報によれば、エ軍では1916年以降のレギュラーシーズンで先発投手が1番打者で出場するのは初
同年もやと最後まで三つ巴の地区優勝争いを続けたが、争いでロッキーズと同率となった結果行われたでので敗れて、3年連続のプレーオフ出場はならなかった FIP2点台とエンゼルスの中では数少ないまともなスターターです
メジャー4年目の大谷はここまでオープン戦で出場8試合全てで安打を記録し、打率・600(20打数12安打)、4本塁打、7打点と絶好調 エンゼルスも打線は悪くないですが、それ以上にパドレスがホームラン、長打率でメジャー1位と打線の破壊力が凄まじいため、投打ともに差があると言わざるを得ません
ロサンゼルス・エンジェルス - 打者 エンジェルス - 打者 打者 打数 得点 安打 打点 四球 三振 打率 出塁率 長打率 デビッド フレッチャー、2B デビッド フレッチャー、2B 2 0 0 0 0 0. 364 ハンター レンフロー、LF ハンター レンフロー、LF 3 1 1 2 0 1. 53 ブルペン• 好リリーフのサンドバルはメジャー初勝利をマークし、メジャーデビューからの連敗が8でストップ MLB• エンゼルスは2対2の同点で迎えた6回表に2番手のトニー・ワトソンが一死3塁のピンチを招き、ジョシュ・ネイラーに勝ち越しタイムリーを献上
000 カイル バラクロー、P カイル バラクロー、P 0 0 0 0 0 0. その甲斐もあり、9月20日に以来14年ぶりにへ進出した 続くリーグチャンピオンシップシリーズではと対戦
667 ジャスティン アップトン、LF ジャスティン アップトン、LF 1 0 0 0 1 0. サンディエゴ・パドレス - 打者 パドレス - 打者 打者 打数 得点 安打 打点 四球 三振 打率 出塁率 長打率 ジュリクソン プロファー、CF ジュリクソン プロファー、CF 2 0 1 0 0 0. 286 オースティン バーンズ、C オースティン バーンズ、C 3 0 0 0 0 0. その後、1983年は5位、1984年と1985年は2年連続でに次ぐ2位に終わった 、監督の下、 安打製造機の、ら好選手を揃え、初の地区優勝と共に、初のリーグ優勝を果たす
「5番・指名打者」で先発出場した大谷は、センター右への7号2ラン、ライトフライ、空振り三振、セカンドゴロで4打数1安打2打点 思うように球速が出ないなかでも4回までに5つの三振を奪い、1失点に抑えていたが、5回表先頭のジェイク・バウアーズに2号同点ソロを浴びた
000 グレグ ガルシア、3B グレグ ガルシア、3B 3 0 1 0 0 2. PTBNLの場合、かなり時間が経過してから決まることが多いですが、今回はそれほど時間を待たずに決まるという意味かと思います 翌1973年にはが1965年に記録したシーズン382奪三振を抜くシーズン383奪三振を記録
000 ニール ラミレス、P ニール ラミレス、P 0 0 0 0 0 0. 2010年以降 [ ] は、不可もない成績で開幕のスタートを切った エンゼルス大谷翔平投手(26)が、「5番DH」で出場する

26 三塁• 000 ブライアン グッドウィン、RF ブライアン グッドウィン、RF 2 0 0 0 0 1. 7回表開始時の守備交代でベンチへ退いた。

約1億4600万ドルを費やし、大規模な戦力増強を行った。

直球の平均球速は95マイル(約153キロ)前後で、スライダー、カーブ、チェンジアップを持ち球とする本格派右腕。

400 マット デビッドソン、DH マット デビッドソン、DH 3 0 2 1 0 0. チームの通算成績と情報 , or , or , or• 38 投手• ムーアはにエンゼルスを解雇され、翌に拳銃自殺するという悲劇も起こっている。

000 タイラー スカッグス、P タイラー スカッグス、P 0 0 0 0 0 0. 欠番扱い (Jerry Coleman)(監督・アナウンサー)• 500 フアン グラテロル、C フアン グラテロル、C 1 0 0 0 0 0. ベースボールチャンネル BaseBall Channel. またこの年、新球場ペトコ・パーク(極めて投手有利で有名)が完成し、ロゴマーク及びユニフォームが一新され、新球場・新戦力効果に後押しされたのか3位ながらも87勝75敗と久々に勝ち越した。