今 しばらく お待ち ください。 「今しばらくお待ちください」の意味|少々・しばし・もうしばらくの期間は?

「今しばらく」の意味は「もう少しだけ時間がかかること」 「今しばらく」とは、「しばらく(暫く)」の前に「今」を付け加えた言い回しです 明日までに回答致しますので、今しばらくお待ちいただけましたら幸いでございます
表現ごとに例文をまとめましたので、シーンにあわせて工夫してみましょう しばらくお待ちくださいは状況によりどのくらい待たせるか期間が変わる しばらくお待ちくださいという言い回しは、状況によりどのくらい待たせるか期間が変わってきます
この言い回しは「お時間をいただきたく存じます」よりもさらに丁寧な言い回しになっています 「もうしばらくお待ちください」と言うときは、すでにしばらくお待ちいただいている状況において、「さらにもうしばらくお待ちください」と言う表現です
「暫く」には「すぐではないがあまり時間がかからないさま、少しの間、しばし」という意味がある一方で、「時間的にある程度長く続くさま、当分」や「一時的であるさま、仮に」という意味もあります ・回答が遅れており申し訳ございません
調査結果に関しましては、明日の10時までにご連絡いたします」という例文 「待ってほしい理由」や「いつまでに返事をするか」を、「お待ちください」に加えましょう
何卒、よろしくお願い致します 接頭語の「お」の敬語の種類は文脈によって尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにでもなりえます
修理が完了しましたら、こちらからご連絡をさせていただきます 「今しばらくお待ちください」は気配りや心遣いが言葉に現れる 仕事や電話応対のとき「今しばらくお待ちください」という言葉を適切に使えると、とても好印象にうつり相手との交流がスムーズにおこなえるものです
「お待ちください」のより丁寧な敬語 お待ちくださいませ 「ませ」は丁寧を表す助動詞「ます」の命令形です 「お待ちくださいませ」で表現を柔らかく 「お待ちください」の使い方の1つが「お待ちくださいませ」です
82
何卒、よろしくお願い致します 申し訳ありませんが、今しばらくお待ちいただけますでしょうか
ただ、丁寧な表現であるものの、「お待ちください」が命令形であることに変わりはありません 少々お待ちいただけましたら幸いでございます
表現方法は「もうしばらくお待ちください」「もうしばらくの間」 「もうしばらくお待ちください」「もうしばらくの間」「もうしばらくお待ちいただければ幸いです」などが「もうしばらく」を使った一般的な言い回しになります 「もうしばらく」は少しの間のことを意味しているので長い期間で使う言葉ではないです
「今しばらく」を使うシチュエーションとしては、指定した期限を過ぎている場合になります 敬語ではあるものの命令形のため、相手に命令したような印象を与えてしまう場合があります
例えば、電話で少しだけ保留にするときに「少々お待ちください」と言いますが、「今しばらくおまちください」とは言いません ひとつずつ疑問を解消していきましょう
60
「お待ちくださいませ/お待ちくださいますようお願いいたします」はソフトな印象 より丁寧でソフトな印象を与えたいときは、「今しばらくお待ちくださいませ」としたり、「今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします(申し上げます)」と「お願い」の形にしたりするとよいでしょう ビジネスシーンでも使用できる表現ですが、命令形であることから失礼と捉えられる場合があります
「待ち」についている「お」は接頭語です ちなみに命令形の場合よりも疑問形のパターンの方が相手に対して柔らかくお願いをしているニュアンスが出るのでおすすめです
そのため、できる限りどのくらいお待たせするのかを具体的に案内すると、相手方も安心できることでしょう 「…していただけますか?」 どちらも丁寧な言い方になり、ビジネスシーンでお客様にも使えます
「今しばらくお待ちください」の期間はどのくらい?状況によります 「今しばらく」の期間は状況により変わってきます ・ご提出が遅くなりまして申し訳ございません
「しばらくお待ちください」の他の言い方 今しばらくお待ちください 「今しばらくお待ちください」は「しばらくお待ちください」に「今」をつけた表現です よろしくお願いします」のように、お礼と承諾の言葉を記しましょう
「今しばらく」は相手を待たせる時の断り表現 「今しばらく」ははっきりとした時間はわからないが相手を待たせてしまうときや、待ってもらえるか確認する際などに使います 相手にお待ちいただくことをより丁寧な敬語で表現したいときは、「今しばらくお時間をいただけますと幸いに存じます」「今しばらくお時間を頂戴したいと存じます」などと、直接的な表現を避けたり、謙譲表現にしたりするとよいでしょう
しばらくお待ちくださいの英語は定例文を中心に覚えていこう しばらくお待ちくださいの英語は定例文を中心に覚えていきましょう
今しばらくお待ちください ・すでに青山には到着していると連絡を受けておりますので、そろそろ到着するものと思われます
今しばらくお待ちいただけましたら幸いでございます この言葉がよく使われる場面としては、既に過ぎ去っている時間からさらに時間をかけることを表現したい時などが挙げられます
20