クロス ボーン ガンダム。 クロスボーン・ガンダムX13

マザー・バンガードの副艦長で同艦の操舵を務める これらはコストダウンの際に変更されたものである
レア・ヌーブ サイド6でノーマルスーツのフルオーダーを請け負う仕立て屋 機密保持のためのロック機能もクラスターから受け継いでいるが、X2が木製帝国に投降するという事態が起きたため、木製側にデータを奪われるという結果を招いてしまった
2021年05月22日 22:42• F99の完成と連邦への売り込みに燃えていたが、すべての機体とデータを破壊され意気消沈する そのため、地球圏の争いの中で自分たちが栄えるための「最強の人殺しの道具」であるエンジェル・コールを独占することを狙い、その居場所を特定すると確保のためにキゾから離反
味方機として認識するために、鹵獲したファントムにドクロのマークを付ける 怒っているね
ジャンは傭兵としての通り名で、本名は「ジャンヌ」 本装備装着時にはX字の背部メインスラスターはマントの内側に折り畳まれて収納されているため、外から見ると象徴的なX字のシルエットは消えている
AGEの二の舞になるの判り切ってるからやらんぞ• トビア達の活躍で木星帝国から解放され、本編終了後に宇宙海賊クロスボーン・バンガードに所属する事になる 2013年10月24日初版、• 『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』第3巻、〈角川コミックス・エース〉、2013年、カバー折返し
「9000万人を乗せたコロニーごと地球に降りる」という「DUST計画」が公表されたことで混乱した市民を「子供たちも死なせる気か」と一喝し、自分たちの命だけは他人にどうこうされて良いものではない 劇中の活躍 本機はX1同様宇宙海賊クロスボーン・バンガードの主力として活躍していた
ザンバスターの代替武装としてムラマサ・ブラスターを装備• 地上の森林監視員 シザー・アンカー 左右腰部前面装甲がそれぞれ変形し、敵を捕獲・拘束するシザース()となる
一世代前の高性能機であるクロスボーン・ガンダムは、技術低下したにおいても比較的生産しやすいため、自国の戦力に組み込むために研究が繰り返されているとされる モヒート 無敵運送の社員

収納状態ではビーム・ガンとして機能する。

全てが終わった後、キンケドゥとベラは地球に残り、トビアは彼のガンダムを譲り受けて生き残った仲間たちと共に宇宙へと上がる。

スラスターの余熱で刀身を熱する。

このバージョンは、同人誌『』に登場する。

木星戦役終結後は、キンケドゥよりX1を譲渡され愛機とする。

これは木星など高重力下での運用に於いて無くてはならない装備となっており、木星圏の高重力を振り切る程の高出力を発揮し、推力ベクトルを必要に応じて変更する事で機体サイズを保ったまま木星圏での運用を可能としている。

16