でき かねる。 「致しかねます」の意味と正しい使い方!例文と注意点も解説

もちろん、時と場合によりますが、否定表現は使わずに肯定表現で相手に「できない」ことを伝えるという選択肢も考えておきましょう。 お断りメールの基本構成 お断りメールの基本構成は下記のようになっています。 特に社会人になってから知り合う人は、なにかしら利害関係がある付き合いになると考えて良いでしょう。 絶対にできないような状況では、「できかねます」を使ったほうが誤解を招きにくいでしょう。 2つ目のポイントは、文中に「クッション言葉」を添えること。 『空き地に新しいマンションが出来かねない』 前者の文章は、残業が出来てしまうかもしれない、残業してしまいそうだという意味になるのでしょうか。 自分のためにも相手のためにも、自信がない時には「致しかねます」婉曲表現をあえて使わず「お受けできません」としたほうが良いかもしれないですね。 どのような意味を持っているのか確認してみましょう。 まとめ 「構わない」という言葉は何気なく使われますが、ビジネスシーンでは特別に注意が必要な言葉です。
3
「出来かねる」 「出来かねる」という言葉は、可能性を表す「出来る」と否定や可能性を表す「かねる」が合わさった言葉です。 ・私どもには到底使用 致しかねる 代物です。 大変申し訳ございませんが、検討させていただいた結果、提案をお受けすることができません 「お断りせざるを得ません」 堅い表現で主にビジネスシーンで使用されるのが、『お断りせざるを得ません』です。 ただし、人によっては否定感が強く、きつく聞こえてしまうこともあるでしょう。 例文) 貴社のご提案には不備な点が多々ございますので、同意致しかねます。 正しい言葉でより丁寧なお断りをするのであれば、「致しかねる」という言葉を使いましょう。 お断りメールのポイントと注意点 お断りメールのポイントと注意点は、ネガティブな表現を避けることと、こちらも残念に思っていると伝えることです。 お客様や取引相手とのやり取りでは、お互いが目標を達成できるように駆け引きしなければなりません。
例文) 申し訳ございませんが、諸般の事由によりご提案はお受け致しかねます 誠に心苦しいのですが、その日はすでに別の予定が入っており、お断りせざるを得ません 使用する際の注意点 『できかねます』は使いやすい言葉ですが、使用するときに注意したい点もあります
「できかねます」の言い換えとして「致しかねます」 類語としては「できかねます」などがありますが、「できかねます」という表現だと、断定的で強い否定の表現になってしまうため、相手に与える印象としてはあまりよくはありません そのため「できかねます」の方が「致しかねます」よりも断定的で強い否定のニュアンスとなり、言われた相手にとってはより否定的に感じられます
「何が」わからないのか、「どうして」わからないのか、具体的な説明をすることがビジネスパーソンとして正しい対応です 新しい方針には賛成し かねます
そのため「わかりかねる」は、「物事の筋道が分からない」「理解できない」「はっきりしない」といった意味を表すのです 書き方のNG例 お断りメールについて、下記のような書き方はNGです
ニュアンスが柔らかくなった分、目上の人に使ってもよさそうに見えてしまうので誤った使い方をしないように注意しましょう そのため、「大変申し訳ありませんが」や「大変恐れ入りますが」などのクッション言葉を「致しかねます」の前に入れることで、柔らかく断りを入れる言葉になります
言い訳せず結果を出す方法を検討しましょう しかし「できません」というような断定的な言い方は日本人にはなじめません
ビジネスにおいて多くの場合「致しかねます」のほうが適切といえますが、依頼されたことをできる可能性が全くない場合や「できるかもしれない」と相手に期待させたくない場合は、「できかねます」を使ったほうが誤解や混乱を招きません クッション言葉をいっしょに使う方法と、代替案を示す方法です
38