梅雨 明け 2019 予想。 2021年梅雨の見通し 梅雨明けも早い予想 東海以西は雨量多く(ウェザーニュース)

7月上旬に梅雨明けし、梅雨明け後は晴れて暑い日が多くなりそうです。

12日以降多くのところで梅雨明けとなるところがありそうです。 神奈川県• さらに、 昨年 2019年 は7月24日 一昨年 2018年 は7月9日に梅雨明けをしたので、 これらのデータから判断すると、 2021年の関西・近畿地方の梅雨明けは 7月10日頃から7月24日頃の間くらいとなりそうですね。 中国 ・ 四国 6月中旬〜下旬 平年並か多い 四国・中国の梅雨入りは平年よりかなり早い5月15日でした。 過去68年間の気象庁のデータを梅雨入りと梅雨明け別に分析し、 2019年の沖縄の梅雨時期を予想してみます! 2019年の沖縄の梅雨時期を予想! 2019年の梅雨時期を予想するにあたって気になるのが、ここ最近のデータ。 これは梅雨前線がなかなか本州あたりまで北上しなかったのが原因で、沖縄や九州南部は梅雨明けが遅くなりました。 本州付近は暖かく湿った空気が流れ込みやすく、前線の活動が活発化する日があり、西日本を中心に6月中旬から下旬にかけて大雨や豪雨に警戒が必要です。 【2021年】関東の梅雨入り・梅雨明け時期がいつか徹底予想! 北陸・東北南部でも、梅雨明けが発表されたので、のこるは東北北部地方のみとなりました。 このため、梅雨明けも平年よりかなり早くなる見込みです。 雨が降った時でも、釣りなどのマリンアクティビティで海を楽しむことができますし、海洋博公園や首里城など屋内施設を観光するのもおすすめです。
17 21
年 梅雨入り 1951年 7月18日ごろ 1952年 7月16日ごろ 1953年 7月24日ごろ 1954年 8月2日ごろ 1955年 7月9日ごろ 1956年 7月13日ごろ 1957年 7月29日ごろ 1958年 7月15日ごろ 1959年 7月20日ごろ 1960年 7月11日ごろ 1961年 7月14日ごろ 1962年 7月12日ごろ 1963年 6月22日ごろ 1964年 7月22日ごろ 1965年 7月24日ごろ 1966年 7月13日ごろ 1967年 7月15日ごろ 1968年 7月18日ごろ 1969年 7月14日ごろ 1970年 7月18日ごろ 1971年 7月29日ごろ 1972年 7月18日ごろ 1973年 7月5日ごろ 1974年 7月20日ごろ 1975年 7月15日ごろ 1976年 7月21日ごろ 1977年 7月20日ごろ 1978年 7月4日ごろ 1979年 7月23日ごろ 1980年 7月21日ごろ 1981年 7月15日ごろ 1982年 7月30日ごろ 1983年 7月26日ごろ 1984年 7月19日ごろ 1985年 7月14日ごろ 1986年 7月27日ごろ 1987年 7月24日ごろ 1988年 7月30日ごろ 1989年 7月19日ごろ 1990年 7月18日ごろ 1991年 7月21日ごろ 1992年 7月19日ごろ 1993年 - 1994年 7月11日ごろ 1995年 7月23日ごろ 1996年 7月11日ごろ 1997年 7月19日ごろ 1998年 7月31日ごろ 1999年 7月22日ごろ 2000年 7月16日ごろ 2001年 7月2日ごろ 2002年 7月20日ごろ 2003年 7月31日ごろ 2004年 7月13日ごろ 2005年 7月18日ごろ 2006年 7月26日ごろ 2007年 7月27日ごろ 2008年 7月12日ごろ 2009年 8月3日ごろ 2010年 7月17日ごろ 2011年 7月8日ごろ 2012年 7月23日ごろ 2013年 7月7日ごろ 2014年 7月21日ごろ 2015年 7月24日ごろ 2016年 7月28日ごろ 2017年 7月15日ごろ 2018年 7月9日ごろ 2019年 7月24日ごろ 2020年 8月1日ごろ それではこれらのデータに基づいて2021年の東海の梅雨明け時期を予想します 河川の増水、家屋への浸水、土砂災害などに注意が必要です
沖縄の過去の梅雨入り これまで沖縄の梅雨入りは5月が最も多く、平年の梅雨入りは5月9日頃 昨年の2018年は56年ぶりとなる6月に梅雨入りとなりましたが、過去68年間で6月の梅雨入りは、たったの2回
平均値を表す黒線が若干右肩上がりのため 東北南部の梅雨入り時期は遅くなっている傾向が見て取れます これは梅雨前線の影響によるものです
さらに、 一昨年 2018年 は6月29日、 昨年 2019年 は7月24日が梅雨明けということなので、 これらのデータから予想すると 2021年の関東の梅雨明け時期は 7月10日頃から7月24日頃の間位になりそうですね 5月下旬にフィリピン近海の対流活動がピークになると見られ、このタイミングで太平洋高気圧が強まり、前線が北上する見込みです
比較的天気の良い日が続いてから、 比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります 梅雨が起こる原因の 「梅雨前線」の動きを見ながら、 その年の梅雨を予想しているのです
1日中大雨が降り続くことは、そう多くありません 山梨県 関東甲信地方には上記の9都県が含まれています
2015年:6月3日ごろ• 雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです となっていますので、 主に気象庁の「近畿地方のデータ」を使い予想していきます