武漢 研究 所。 英の諜報機関も「新型コロナは武漢研究所から流出した」と疑い!科学界でも「武漢研究所で人工的に変造された」との論文発表へ!大手マスメディアも突然「武漢製造説」を支持する報道を展開! │ ゆるねとにゅーす

2019年、米国立衛生研究所は、ファウチ博士率いるNIAIDの支援の下、武漢ウイルス研究所などの研究者に、蝙蝠由来のコロナウイルスの機能獲得研究のための資金を提供した 声明では、中国が専門家に対して完全なアクセスを提供することを要請し、「こうした調査は、独立した客観的な提言と事実解明ができるような作業環境で実施されるべきだ」「国際専門家による調査の実施が大幅に遅れ、完全なのデータおよび検体へのアクセスが欠如していた」「独立した専門家にとって、今回のがいかにして発生したのかを判断するためには、関連する全ての、、のデータ、研究、発生初期段階に関わった当事者に完全にアクセスできることが極めて重要である」との対応を批判した
2014年から始まったプロジェクトは、蝙蝠からコロナウイルスを収集するための研究であり、2019年に完了した 2014年~2019年にかけて、蝙蝠由来のコロナウイルスを収集し、2019年から集めたコロナウイルスに対して 機能獲得研究 をしていた、それも米国の資金を使ってです
また武漢研究所で働いていた南中国工科大学のポタオ・シャオ教授は今年2月、「新型コロナウイルスは武漢のある研究所を起源とするものだろう」とし、武漢研究所の研究者が時々コウモリに噛まれていたことを指摘した 「ファイブ・アイズ」とは、米国と英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの英語圏5カ国の諜報機関が、インテリジェンス(機密情報)を共有する協定のこと
今回はSNSではなく、ドナルド・トランプ政権内で公式に提起されたものだ オーストラリアのサタデー・テレグラフ紙は、5月2日、「ファイブ・アイズ」がまとめた15ページのインテリジェンス文書を入手し、記事にしている
水産物市場から数マイル離れたところに武漢研究所があることは知っている 中国共産党当局から勝手に名前を使われていたということだろうか? そして、最後の訪問時期は、2012年あるいは13年だったという
しかしダスザック氏の「不都合な真実」が次々と明らかになっている そして5月26日、ジョー・バイデン米大統領が情報機関に対して、「我々を明確な結論に近づけるような情報の収集・分析に改めて励む」よう命じた
ニュース YahooNewsTopics 新型コロナは、武漢ウイルス研究所から誤って漏洩したものだという説 バイデン大統領の政策スタッフは政権移行直後に、トランプ前政権下で非公表で行われていた新型コロナウイルスの起源に関する調査を中止させていた(5月28日付CNN)が、ここに来て方針転換を図ったのである
放送は複数の消息筋を引用して「新型コロナウイルスが武漢のある研究所を起源とするとの確信が徐々に増している」と伝えた これに対し、「Taiwan News」の記事では、バイオセーフティーレベル4の研究室で働くこれらの研究者たちが、野生でも研究室でも、感染の可能性のあるコウモリを扱う際には、安全性を無視していると指摘
その報告書には「コウモリのウイルスを研究する同研究所は、重症急性呼吸器症候群 SARS 系の新しいウイルスの大流行を招く危険性があるという懸念があるため、米国はさらに多くの支援をすべき」という内容が記されている ミリー議長は「研究所からウイルスが流出した可能性があるかどうかを米情報機関が調べている」と述べた
ただ、一定のメリットにとどまるのもまた事実のようです このBSLは4段階からなるが、武漢研究所は最も強力なBSL-4に従う
しかもいずれのプロジェクトも、ひどく杜撰な安全基準の下で行われていた P3COは、2011年に米ウィスコンシン州とオランダにある研究所がフェレットと呼ばれる小動物の間で効率的に感染するようにH5N1型鳥インフルエンザウイルスを変異させる実験(機能獲得実験)を行っていたことが明らかになり、大問題となったことがきっかけに設立された組織である
ダスザック氏の団体は60万ドルの連邦助成金を受け取る際にP3COと呼ばれる米保健福祉省内にある監督委員会の審査を受けていなかったという問題が浮上している さらにダスザック氏が代表を務めるエコヘルス・アライアンスは60万ドルの連邦助成金を受け取り、これを研究資金として武漢ウイルス研究所に提供していたことが明らかになっている
新型コロナウイルスの起源について、米国で再び論争が巻き起こっている 当サイトでは、武漢のウイルス研究所が、やなどから支援を受けて最先端のウイルス研究・開発を行なっていた内情があることなどから、をはじめとした、莫大なワクチン利権を持っていてはを構築しようとしている グローバル資本勢力が、武漢研究所に新型コロナを製造させ、これをばら撒かせた疑いを持っているけど、恐らく、こうした内情を徹底的に隠しつつ、 中国共産党や習近平に全ての罪をなすりつけようとしている工作がにわかに展開され始めた疑いを持っている
( コロナ禍) 外部リンク [ ]• 2014年から始まったプロジェクトは、蝙蝠からコロナウイルスを収集するための研究であり、2019年に完了した 「武漢ウイルス研究所の監督委員会には、少なくとも2人の人民解放軍系の科学者が含まれていた」 イタリアの著名なジャーナリスト・作家であるファブリツィオ・ガッティ氏は21日、英タイムズ紙にこう語った
藤和彦 経済産業研究所コンサルティングフェロー パンデミックの初期には「ウイルスが研究所から流出した可能性はきわめて低いと考えていたが、その後の調査を踏まえると、今ではかなり妥当な見解に思える」と述べた
には、同研究所からのウイルス漏洩の可能性は低いとの見解を発表している 「武漢ウイルス研究所の監督委員会には、少なくとも2人の人民解放軍系の科学者が含まれていた」 イタリアの著名なジャーナリスト・作家であるファブリツィオ・ガッティ氏は21日、英タイムズ紙にこう語った
この研究所は、米政府から資金提供を受けた370万ドル規模のプロジェクトの中で、5000㎞近く離れた中国・雲南省で捕獲されたコウモリを使って コロナウイルスに関する研究を行っていました 科学界は、新型コロナウイルスのDNAなどを見れば、人為的にこのウイルスが作られた可能性はないと反論した