約束 の ネバーランド 161。 体験ミュージアム「約束のネバーランド」 GFハウス脱獄編【公式サイト】

第162話に続きます。
エマを猟場で唯一の大人であるルーカスに会わせるためにアジトへ案内した 確認できた敵兵の総数は約2000
それどころか、散々シミュレーションしたはずの 鬼の集落の惨状を見て、決意がゆらぎます 女王に跪き、ラムダ崩壊やGF脱走者について詳らかに説明したピーターは、女王に王兵の半数を貸りて、全ての脱走者を捕えて女王の前に献上すると申し出る
居住スペースには風呂・トイレ・炊事場・武器庫があり、畑も存在する 脱獄計画には引き入れられた当初は、ノーマンから脱獄のことを「から逃げる」と伝えられるが、後に鬼の事実を知る
しかし、直前でエマより共存するよう諭されたオジサンは、ゴールディ・ポンドは危険だということを伝えた 個人識別はできないが、壊すと異常を知らせる
その鬼は、顔の右半分が「野良」のようになっていたため顔にコンプレックスを抱いていました 「鬼のボス」との約束は上書きできない• 中でもGFのエマやレイなど「特上」は王や上級貴族でも食べられない代物で、レウウィスによると出身プラント・認識番号・個人名まで鬼の間で知られるほど有名な存在とのこと
当初はシェルターを訪れたエマ達に名前を教えず、過去の出来事はほぼ語らない 公式からノーアナウンスなの、本当に何が起きてるの? この件について、当サイト動画班による考察はこちら
白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」161話より引用 女王を斃したのか聞くヴィンセントに、死んだ、と肯定するノーマン ドンは、鬼に育てられたアイシェと仲良くなりたいと思いますが、人の言葉が分からないアイシェとの距離感をつかみきれずにいます
子供や老人の鬼さえ殺せずオロオロするという不甲斐ない結果に ノーマンの出荷後は、行動を『止めた』エマとレイに代わって脱獄の準備をギルダと共に進め、脱獄決行時には崖を超える一番手を務めた
レイに残る乳児時の記憶と決死の下見により、ハウスの周囲は崖で本部と繋がる橋が唯一の出口ということが判明したが、ノーマンの出荷は確実となった ジェミマ 声 - 5歳の女の子
更に、下等種を倒して農園の運営者である 追手がついにやってきた だから殺した……みたいなことを振り返るわけですけど
8 10