カラチャイ 湖。 生物を寄せ付けない放射線廃棄物のカクテル「カラチャイ湖」

2002年には湖岸がラムサール条約に登録され、保護対象となりますが2015年までにポオポ湖は完全に干上がってしまいました ( 、、) 歴史的にと呼ばれた地方である
この湖はとても悲しい湖として知られ、2011年にプレジャーボートに乗った乗員4名が突然に姿を消しました 最初の千年記(-)はの国であった
面積はおよそ12㎢で、南半球の避暑地として毎年夏場には数千人が訪れ、水泳や水上スキー、キャンプなどを楽しんでいました ナトロン湖の湖岸には石化した動物が流れ着いています
ナトロン湖についても水源である林の伐採や、水力発電用のダム建設により川の流れが変わってきているのです ワールドカップ、盛り上がりましたね
その場に一時間いるだけで、一般人の年間線量限度(一ミリシーベルト)の六倍にもなる強さだった 様々な生物で見られ、結果として硬化した組織などが形成される

In 1968, following a drought in the region, the wind carried 185 5 M of radioactive dust away from the dried area of the lake, irradiating half a million people. ナトロン湖は近年開発の危険にさらされている ナトロン湖は消え去る運命ではありますが、人間の介入によりその消失は加速するかもしれません。

適応したのはフラミンゴと一部の魚だけ• 1940年代、ソビエト連邦はナチスからの侵略を防ぐために軍事的に核技術施設「マヤーク」を建設。

19世紀前半にが終わり、の講和条約締結により、現在のカラチャイ・チェルケス共和国の領域は領 のに併合された。

スネークアイランド(ブラジル) スネークアイランド ブラジルの「ケイマーダ・グランデ島」。

事故の表面化 [ ] 事故はソビエト連邦の軍事施設で起こったため極秘であったが、には「何かがあったらしい」程度の情報がにも伝わった。

Main article: According to a report by the -based on , Karachay is the most open-air place on Earth from a radiological point of view. 逆に雨が降らない時期になれば、流れ込む水は減少するために小さくなるわけです。

カラチャイ湖 1957年秋、施設で原子力事故が発生し、数百キロの範囲に放射能が撒き散らされた。

観光地としても廃れてしまい、今がゴーストタウンと化しているようです。

24