あなた と の 続柄 本人。 【誰でもカンタン】世帯主との続柄の正しい書き方まとめ!間違わないために覚えておくべき3つのポイント!|エンジェル投資家からの資金調達&起業家への出資ならFounder(ファウンダー)

主に戸籍や住民票で使われる言葉で、税金や社会保険などの公的な手続きの書類に記入する欄があります。

本人の続柄は「本人」• 公的文書に記載しよう 公的文書に記載する時は「嫁」という表記ではなく「妻」という表記を使うのが一般的です。

つまり、それぞれの書類や文書によって関係性の主体が変わるとうことですね。

たとえば同棲している場合、同じ住所に住んでいるからと言って、2人が同じ住民票にする必要はありません。

この場合、続柄は提出する夫とあなたとの関係になるので、夫は「本人」あなたは「妻」夫の両親は「父」「母」孫二人は「子」もしくは「長男」「長女」となります。

本人が誰かあなたとの続き柄によって、続柄の書き方が違ってくるので間違いやすいと言えます。

続柄や書き方が間違ってしまうと差し戻しになってしまうことがなきにしもあらずです。

続柄を記入する書類は大半が公的な書類です。

先にも登場しましたが「住民票」の続柄は、「世帯主」を起点として「世帯主」からみた関係性をあらわします。

住民票は世帯主を起点として考えるので、配偶者の兄弟姉妹と一緒に生活をしているなら、「妻の弟」や「夫の姉」などと書くのが適しています。

78
事実婚の場合、実際に婚姻関係にある場合と比べて手続きに制限を受ける場合があります。 記入者の目線で続柄を書かないように注意しましょう。 戸籍上では「長男の妻」、住民票では「子の妻」と表記します。 ただし、世帯主の決定には法的な基準がなく、自由に決めることができます。 英語で主張する上で大事な表現になりますのでこちらも是非参考にしてください。 子供については、養子であれば「子」と書けますが、認知をされていない嫡出子ではない子供の場合は認知されていなければ「子」とは書けないのです。 例えば先ほどの例だと父親から見た「子」がここで言う続柄になります。 誰が「本人」なのかをしっかりと理解してそれぞれの関係を書くようにすると書きやすいかもしれません。 娘や息子など、自分の子は「子」• していなければ「子の夫」となります。 人気の関連ページ! >> さいごに! 続柄の書き方と注意ポイントを解説しました。
90 54