ファイリング デザイナー。 ファイリング・デザイナー検定のグレードと主な内容|検定|一般社団法人日本経営協会

通信講座 - スクール - 過去問 過去問題集はありません。 ファイリングありきの、仕事だから。 ファイリング・デザイナー検定の知識や技能は、あふれる情報のなかでオフィスワークの品質向上に欠かせないファイリングリテラシーのスキルや、個人では身近な資料やPCデータの整理・整頓など、情報を整理する考え方や習慣を身につけることに大変役立ちます。 ファイリングシステムの知識や技術は、業種・業態に限定されず、あらゆるオフィスに適用が可能です。 オフィスでの文書のファイリングにお困りの方、ぜひご相談ください(笑) さて、今後は1級に挑戦するかどうかです? 1級は筆記があるからな〜。 <目 次>• 1級は、試験の内容がかなり専門的になりますので、試験対策は協会主催の通信講座を受講するのが良いでしょう。
43
試験科目 〜1級〜 経営情報管理、トータル・ファイリングシステム導入・評価維持管理等推進全般に関わる実務・応用知識、電子記録媒体とマイクロフィルムに関する実務知識、社内教育・人材育成方法、ペーパーレスに関する実務知識、文書実務や情報公開に関する関連法整備動向及び規制緩和動向、行政文書管理の実務知識、先進事例研究など 〜2級〜 組織内情報化と文書管理の基礎知識、トータル・ファイリングシステムの構築手法・維持管理手法の実務知識、保管システムの実務知識、保存・廃棄システムの実務知識、文書保存関連法規、ペーパーレスファイリングに関する基礎知識、電子記録媒体とマイクロフィルムの基礎知識、文書保存年限に関する基礎知識、電子記録媒体に関する基礎知識など 〜3級〜 文書管理の基礎知識、ファイリング用品・ファイル作業に関する基礎知識、ファイリングシステムの用語知識、トータル・ファイリングシステムの理解、OAとオフィス文書の基礎知識、保管庫や文書庫の運用管理の基礎知識、文書分類・整理法に関する基礎知識など 合格基準 各級ともに、正答率70%以上で合格となります。 ファイリングシステムのスキルは、作業効率の向上や情報共有の促進等で活用でき、オフィスの文書、電子情報等、必要とする情報を、すばやく効率的にファイリングし、運用管理するエキスパートは、企業や役所など、業種、業態にかかわらず、電子媒体が存在する限り必要とされる人材と言えます。そのため、主に事務職の方がキャリアアップのためにこの資格を取得するケースが多いようです。 試験勉強の手順 8月から読み始めましたが、なにせ頭に入らない。 女性の働き改革の一貫 と して。 試験内容 1級:マークシート方式と記述式で実施されます。
17