ご 不便 を おかけ し ます。 「ご不便をおかけしますが」の意味と敬語表現・使い方と例文

ご不便をおかけしますがよろしくお願いします 告知や掲示で使われる場合は、後によろしくお願いしますなどをつなげる言い回しが多くなります。

ビジネスの進行の障害となった事実関係を伝え、こちらに非があった場合は、素直に認めて謝罪し、善後策を説明もしくは提案して、滞った事態を再び進行させます。

よって、「不便をかける」は正しい表現になります。

誠に申し訳ございません。

そのほうがより丁寧で、へりくだった印象を与えます。

「お詫びいたします」という謝罪の表現もあります。

謝罪の気持ちを述べる場合に使う言い回しです。

今年は少しでもお力になれるよう精進します」などと、今年の意気込みと共に使います。

ご不便おかけしますが、何卒ご了承ください。

単に都合の悪い状態にするだけでなく、相手に余計なことをしてもらうというニュアンスを含むため、お知らせなどで使う場合は次のように使用するとよいでしょう。

10 70