宮沢 孝幸 コロナ。 【動画】宮沢孝幸とは誰?何者?ひろゆきに激怒で京大准教授なのに馬鹿(バカ)アホ胡散臭いの声│トレンドフェニックス

授業中、 意識を完全に失うほど寝てしまったことは誰でもあるのではないだろうか…。

基本的な感染やワクチンに関する知識を解説してくれました。

テレビにはウイルスどころか、感染症の専門家でもない町のお医者さんが出てきてデタラメをしゃべっているので、間違いをツイッターなどで指摘すると、「お前は専門家のくせにそんなことも知らないのか」と返ってきて唖然とするんです(笑)。

爆破予告までされた 小林:宮沢さんは関西のテレビにはよく出演しているんですよね。

ただし、すぐに外に出ていいということではない。

ソーシャルディスタンスを取り、外出自粛をすることは絶対的善だと言う信条が植え付けられてしまっているんだ。

52

東京都の場合、土曜日の発表分の検査は大部分がその前の水、木、金曜日に行われているので決して劇的に少なくはならない。

要するに、当たり前ですが、ウイルスに対抗するためにものを体で生成するわけです。

現在行っているPCR検査では、その粘膜を採取して判定しているので、ウイルスは検出されてしまうとの事です。

昨年6月に大阪府の新型コロナ専門家会議に参加した際には、 大勢の参加者がいる会場にマスク無しで入り、「府の緊急事態宣言はほぼ無意味だった」という趣旨の発言をした。

ここは聞いていてなるほどと思いました。

何を信用して良いのか、何を実行すべきなのか? 素人に判断は難しい。

「mRNAワクチン」では、RNAを運ぶ物質に何を使っているのか企業秘密で公開されていないという事です。

ちなみにお風呂で髪の毛を洗うときに、髪の毛についているウイルスが顔に流れても、それは 薄められていて感染力がないので気にしなくても大丈夫。

先生自身も「心配のしすぎかもしれない」と前置きされてますので、「確定している新型コロナワクチンの事実」でなく、取り越し苦労であったほしい推測と受け止めて下さい。

さらに、昨年9月17日の「週刊新潮」では、新型コロナ感染による高齢者の死について、「 高齢者も死亡リスクが高いとは言いきれません 時間は有限ですので、できるだけ好きなことや楽しいことに使いたいのです
たまにお絵描きも 最後までお読みいただきありがとうございました
宮沢先生は、自身の説はマイナーだという事を仰り、事実ネットでは先生の説をデマだと批判する声もあります 20配信分)
問題の2人の論議はこちらです 基礎研究の専門家からの補足はとても助かります
ここで、「ピークアウト」というのは、感染状況が悪化し増加を続けていた日毎の感染者数が、減少に転じることを意味する 嫌な思いしかしないので、今後は東京のテレビは断わろうかと思ったんですが、東京の番組は全国ネットだから、地方にもコロナへの恐怖感が拡散していくし、政策決定にも影響するんですよ
反省しています 以下は、インターネット上の声である
もっと強力なロックダウン、外に完璧に出ないということをやらない限りだめ(下がらない)ですね 宮沢:私も罵倒されれば腹が立ちますが、彼らは被害者でもあると思うんですね
ボクの周りは ほぼ全員が勘違いしてたよ だから 手で髪の毛をさわるのは止めた方がいい
あまりの辛口意見に辛坊氏は「私も一緒にしないでくださいよ!」と訴えていた どこかで対談したいですね
注目されているファイザーのワクチンは「RNAワクチン mRNA 」で、日本のシオノギ製薬のワクチンは「蛋白サブユニットワクチン」との事です 宮沢:おっしゃる通りで、私はウイルスを研究していて専門家のつもりですが、何か発言するたびにやたらと叩かれる
50