🐲元 宮内庁 職員 の ブログ。 美智子前皇后の「異常」を報道する週刊誌・新聞の異常——女性週刊誌&朝日新聞vs.ブログ「皇室是是非非自録」

うんざり。

プー小室が弁護士事務所で働いている時に、割り勘で飲みに行ったのです。

宮中祭祀……つまり、皇室に伝わる宗教的な儀礼をもっと熱心にしないと、日本と皇室の行末は暗い……というようなことをどうやら、今城さんは当時の皇后さま(のちの香淳皇后)に吹き込んでいたらしい、と入江氏の日記からは読み取れるのです。

小室問題で警視庁が動いているという情報がネットに掲載されていました。

いずれにしても、官邸の意向に従わない宮内庁など、前代未聞であり、不幸なことだ。

小室親子は、「このチャンスを逃すな!」と思ったのです。

わいせつ写真を秋篠宮に送り付けただけで、それはもう恐喝事件です。

翌日の質問日当日は朝から5名ほどの宮内庁職員が私を取り囲み、自室から質問する委員会室まで,国会の廊下で団子になってついて来て 「そんなことはありません。

平成でのマスコミ報道の疑念に答えてしまっているのだよ、このブログは。

39
秋篠宮家おつきの皇宮警察官も3人死んでいます。 美智子さまが最も気にされたのはご自身が批判的に書かれているかどうかだ。 あの宮内庁の世界では、もっとも慇懃な者がもっとも無礼なのだ。 元恋人のBさん。 宮内庁は小室対策 政府はコロナ対策 (昭和24年)には、総理府設置法の施行により、宮内府は 宮内庁となっての外局となり、宮内庁長官の下に宮内庁次長が置かれ、1官房3職2部と京都事務所が設置された。 バブルも先取り。 そんなお金がプー小室にあるということは、この話を聞きつけた中共が資金提供をしている可能性が充分に考えられます。 庁舎 [ ] 宮内庁、坂下門 (昭和10年)に建設された。 文書の概要が4枚、文書本体が24枚で、全28枚。
佳代さんの一連の金銭トラブルについて「借金ではない」と訴えた 公家出身の入江氏は生粋の宮廷政治家ですね
悠仁親王がいると、悠仁親王に皇位継承権がいってしまいます kの件はまだわかりませんが、とにかく悠仁親王殿下をお守りしなくてはいけませんね
プー小室の学費は、1年間で1千万円かかると言われています 代理人は「当初の予定通り」を強調しているが、婚約者サイドの関係者は「いきなり解決金のメールが来た
宮妃候補の女性を華族の男が寝取るというあらすじの、三島由紀夫『春の雪』を読んで、「なかなかおもしろい」なんて日記に書いていますしね(笑) 4、昨年初め、物納されて国有財産(財務省管理)になった皇后陛下のご生家であるあの懐かしい正田邸が取り壊されることになった
ある検察関係者は次のように語る 昔から警視庁は「秋篠宮家は怪しい」と睨んでいるのです
宮内庁も身辺調査するが… 小室圭さんの母・佳代さんとその元婚約者との金銭トラブルが明らかになると、秋篠宮家・宮内庁は小室母子を呼び寄せ何度も状況確認と状況改善の依頼をした 特別な情報には関わりようがなく、詳しい事情を 識る由もない庶民ですが、 素朴な疑問、其処から来る不審感は、貴方様と 共通します
彼を信じてください 今までに私の配慮が充分でなかったり,どのようなことでも,私の言葉が人を傷つけておりましたら,許して頂きたいと思います
「一銭もお金が無い乞食学生が皇女に手を出した」という事件です 内容も文章も格が高く、信憑性が高いことが一読してわかる
17