メリールー コード。 フジテレビ/コード・ブルー

劇場版冒頭では災害医療の講習会の講師を務めるが、出動要請が入り現場にて藍沢と再会する 両親のいない藍沢を一人で育ててきた
妻・春江と共に、秀治の年金目当てで延命手術を希望する その後は電話で彼氏にふられた事によりケーキを大食いして再び腸閉塞を起こし、田所と三井による緊急手術を受ける
一方で、第8回や最終回のように患者を注意深く観察し隠れた症状を発見、死の淵から救ってもいる 轟木に対して妻子持ちだと言っていたが、森本の問診により独身であることが判明し、森本と轟木との仲をよりいっそうこじらす事になる
かつては翔陽大学病院の本院で勤務しエゴイスティックな性格が災いしてのでいたが、を立ち上げるのに田所から腕を買われ翔北救命にやって来る 入院中は土を食べたり看護師を奥さんと見たりして奇妙な行動をする
2nd第10回では、田所の見舞いに来て現在はをしていると話している 第3回「真実と嘘」 [ ] 松井透(まつい とおる) 演 - 吉川中央駅の階段で起きた将棋倒し事故でスキー板が骨盤を貫通され、サークル仲間の木沢と串刺し状態になった大学生
藤川と一緒に森本をからかうことが多い 藍沢が感電によって意識不明になった際には、自らが応急処置を施し翔北へ搬送した
放射線技師 演 - (1st第3回) 救命センターの放射線技師 医師 演 - 救命センターの医師
を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で 救命センター以外の医療関係者 [ ] 西条章(さいじょう あきら) 演 - 翔北病院の最年少部長
しばらくして臓器移植順位が1位となったものの、橘が自分の病気が悪化して以降心の奥で他の子供が死ぬのを待つようになったことを感じ取っており、尊敬する父の心を自分の存在が歪めてしまっていると感じて生きる気力を失い、移植を拒否する 」というのが信条
第6回で脳死患者に対する緋山の真摯な対応を見たことで、患者の心に寄り添えない自分自身の冷淡さに気まずさを感じるなど、医師としての在り方を考えるようになる 藍沢をライバル視している
西条による腫瘍摘出手術を開始したものの、腫瘍と言語中枢神経との境目が分からず困難を極める 入院中に南のおならを聞いて、あっさり冷める
亡き母・夏美の墓参りで最初にフェロー課程修了を夏美に報告する 1st第6回では、三井のに対して彼女に徹底抗戦するよう促す
神田昭夫(かんだ あきお) 演 - 美和子の夫 藍沢が救命に移ってからは、救命からのコンサルを受け持つ
藤川による処置を行ったがによって現場で死亡した 3rd seasonは、からまで「」枠で放送された
2名から5名体制で動いていることがドクターヘリ運航表で読み取れる 藍沢の診察で冠動脈疾患によるであった事を見落とされたため翌日院内で心肺停止で倒れる
また、現場でフェローが処置に困った際もCS室から指示を出して、患者を救う事もある 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 藍沢耕作(あいざわ こうさく)〈29 - 40〉 演 - 本作の主人公