ベジータ ナッパ。 どうすれば悟空抜きでナッパを倒せたのか

第11作目(Z劇場版第8作目)『』では、新惑星の王として新惑星ベジータに招かれるが、伝説の超サイヤ人となったに恐怖し、極度の戦意喪失に陥った様子をピッコロに見下げ果てられた。 しかし肝心のがカエルになってしまった事からチームに空きが出来たため、ナッパがギニューポジションで『 ネオ・ギニュー特戦隊』として結成させる。 相手を両足で蹴り上げた後、両手を組んで叩き落す。 実際に、がこのの気円斬を放ったとき、北のが気円斬ではなくの技だと言っている。 界王神と老界王神に再び悟空とポタラで合体するよう言われるが、悟空共々それを断って個人として闘うことを選び、界王神の瞬間移動を真似て界王神界にやってきたブウ(純粋)との最後の戦いに臨む。 鳥山明「其之二百四 さようなら孫悟空」『DRAGON BALL 第17巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年5月10日、、175頁。 また、地球襲来前と襲来時では、髭型も若干異なっている。 2020年3月21日閲覧。 ジレン戦でも悟空のかめはめ波に合わせ使用したが、ジレンに片手で対応され通じなかった。 そこへ同じく不老不死の願いを絶たれて怒りを見せるフリーザが現れ、クリリンたちとともにフリーザとの決戦に臨む。
堀川はベジータについて「常に悟空ではなく己と戦っている、本当の意味でのプライドの高い人 VS 餃子 ナッパ様が悪意で天津飯の腕を切ったと勘違いし、勝手に思いつめてしまった餃子はナッパ様の背中に張り付き自爆してしまう
その後の登場はなく、ナメック星で悟飯を見てサイヤ人と見抜いたフリーザが「(ベジータや)ナッパにも似ていない」と名前を出しているのみ この破壊神に近い実力を持った2人が戦ったにも関わらず試合会場が殆ど壊れなかったのは、ナッパ様が壊れないようにガードしたからである
前提条件 まず、幾つか前提条件をつけたいと思います ベジータの戦闘力 [ ] 作中におけるベジータの明確な戦闘力の数値は以下の通り
必殺技• 作中で「」という言葉を口にしているが、鳥山明は「さすがにバーゲンセールに行ったことはありません 『』では原作同様セル戦終了時に戦いから退く発言をするが、いなくなった悟空の代わりを務めようとする悟飯を見て怒り、もう戦わないという発言を撤回している
その後、『』ではから舞い戻り再登場するが、にあっさり倒された フリーザを10人目の仲間に加えることを悟空から聞いて当初は反発していた