ある日お姫様になってしまった件について 65話。 【韓国原作】ある日、お姫様になってしまった件について85話ネタバレと感想。遂にアエテルニタスが表舞台に。アタナシアは皇帝代理へ。

大きな真っ白な木の前に降り立つアタナシア。

押さえつけてはいるのですが、これでは呪いだって隠すこともできない・・・陛下の皮膚に兆候が・・・。 。 パパのダイアナへの愛!!!!!!!!!! これ考えると泣いちゃうんですけど・・・ ダイアナの死を受け入れられないクロードは、ダイアナが残した「アタナシア」を前にして感情が耐え切れなくなった。 そこで父親としての感情に芽生えつつ、困惑しながらアタナシアのことをもっと知っていく・・・的な。 陛下とお茶を飲んでいるジェニット・・・本当はとても窮屈なのではないのでしょうか。 貴族への対応は必要以上に乱暴だが民衆からは聖君と呼ばれている。 。 すぐ向かいますので。 』 ジェニットの 表情は今にも倒れそうなほど、暗いです。
7

お放しください・・・剣を持っているので危険ですとフィリックスは言いましたが、姫様はやめてと止めたのです。

『・・イゼキエル?』 アタナシアを見つめたままボーッとしているイゼキエルに思わずジェニットが声をかけています。

』 真っ暗な部屋で彼女の 瞳だけが 月の光で宝石のように輝いています。

』 『・・・。

アタナシアの魔力 その姫様を見て、アナスタシウスは、魔力の量だけは素晴らしいな・・・神獣がついていただけのことはあると思いました。

ルーカスは世界樹…と考えます。

』 『今現在、 王位につけるのはアタナシア姫だけでしょう?』 『貴方が姫を好きかどうかは置いておいて、 貴方の存在そのものが姫の地位を脅かすものになるのです。

(なぜ彼女は突然あんなことを聞い・・た?) ( 彼女に何かあったのかしら・・?) (わたしもジェニットが好きよ。

』 ここで待ってます。