車両 通行 帯。 車両通行帯=車線、レーン??

特定の車両専用の車両通行帯 (例)バス専用通行帯、普通自転車専用通行帯など• 車両通行帯が設けられた道路の法定外表示 同様に、車両通行帯が設けられた道路(片側二車線以上の道路)では、第一車両通行帯の中を通行する 従って、車両通行帯か否かは道路標示の有無で判断されます
法定外表示(自転車ナビマーク等)は自転車専用通行帯ではない 自転車ナビマーク等の、上記以外の表示は、法令で定められていないもの(法定外表示)であるため、自転車専用通行帯・車両通行帯としての効力を有しない ただし白い実線が引かれている場合でも、別の理由で禁止されている箇所があるので注意が必要です
)から左の部分(以下「左側部分」という 2 車両は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により前項に規定する通行の区分と異なる通行の区分が指定されているときは、当該通行の区分に従い、当該車両通行帯を通行しなければならない
自転車専用通行帯が設けられた道路では、基本的に、自転車専用通行帯の中を通らなければならない 例えば、第一車両通行帯がバス専用通行帯であっても、自転車はあくまで第一車両通行帯(この場合バス専用通行帯)を通行することとなる
まれに、白色の破線と黄色の実線が平行に引かれる二重線のセンターラインがあるが、この場合、白色の破線側のクルマは、追い越しのために車線をはみ出し、追い抜き後に元の車線に戻ることが許されるが、黄色の実線側のクルマは、追い越しのためのはみ出しはNG ですが、例外がありますので、そちらまで確認してください
これはややこしい… 第一通行帯の通行については、第一通行帯が次のような特殊なものになっている場合でも同じである
83

はじめに はじめに用語の確認をしておきたいが、車両境界線とは道路に描かれる区画線の1つであり、複数の車両通行帯を区切る役割を果たしている。

基本的には片側道路幅6m未満の道路に用いられる (はみ出さなければ追越しができない道路) 中央線が「黄色の実線」 「 追越しのためのはみ出し通行禁止」• ただし、第40条の規定に従うため、又は道路の損壊、道路工事その他の障害のためやむを得ないときは、この限りでない。

そうです。

(通行区分) 第17条 4 車両は、道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。

安全確認さえ怠らなければ、白い破線が引かれている箇所は、自由度が高いといえます。

28