東京 新聞 杯 2021。 東京新聞杯2021の予想を大公開!|アドレナリン競馬

今度は正攻法でいきたい。

15頭以下【2-1-0-30】• 追い切り・調教時計はネット情報を参考にしています。 86
外枠からでも2,3着はそこそこ来てますが、本命馬は素直に真ん中より内側から選ぶのが良さげですね 性別、前走別データの後押しが心強いです
今年も内枠勢に要注目です また、指数も人気も下位の馬の好走例がきわめて少ないことも、併せて覚えておきたい
前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率 G1 5 1 1 17 20. コーナーで行きたがる面を見せたものの、直線に入ったあとはそれなりに脚を伸ばしてきた その点、私たちは結論を出します
長くなってしまいましたが、最後に改めて ただ、 2走前のG2・府中牝馬ステークスでサラキア(有馬記念2着)に次ぐ2着をキープし、能力の高さを示していますから、一線級不在の今回は待望の重賞初制覇を決める可能性も
パワー型の父トゥザグローリーを彷彿とさせる雄大な馬体の持ち主で、馬体重が520kgまで増えたところで成績が上がっていますし、54kgの軽いハンデの恩恵を受けたとはいえ、好位追走からあっさりライバルを退けた前走・若潮ステークスの内容は目を見張るものがあったので、一気の相手強化となる状況でも侮れない存在になりそうです 2秒差まで詰める強い走り
マイルCS【1-0-1-9】 前走距離• 直線で手前を替えなかった点は気になるが、脚元の動き自体は力強く、刻んだラップも合格点の水準 え?メルマガ登録にお金がかかるかって?? 無料よ! キングスポーツは、必ずあなたの予想を進化させてみせます! どうか、ひとりで悩まないでください
この馬にしては、難しい面を出すことなく走れている さらに5歳で斤量57kg[0-0-1-3]と苦戦しており、好走条件を取るか、苦戦傾向を取るかの判断が難しいところです
152• このレースは昨年6着に終わっているが、今年のメンバーレベルなら勝ち負け必至と思える 適度に水分を含んだ軟らかい状態だったと推察される
85
カテドラル、サトノインプレッサ、サトノウィザード、トライン、トリプルエース、ニシノデイジー、ロードマイウェイ、ヴァンドギャルド、ヴェロックスがキャリア15戦以内です 上位陣がイマイチ勝ち切れない、東京新聞杯
重賞実績のある馬や人気サイドに注目 954• もうひとつ付け加えるなら、東京コースでも過去に2勝を挙げるなど、 コース適性の高さも十分
前走のマイルチャンピオンシップでは、強力な相手を前に6着に沈んだ彼 一方で、弾けそうな素振りを見せるも、それが長続きしない印象
3連単本線的中大爆発を自らの失態で逃す事になった週でした ダイワキャグニー• 今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『東京新聞杯・3点勝負』を特別公開
アルケミストでは想定される配当や目標となる配当に応じて取得する情報を最適化 強いて挙げれば前走で5着だった馬が複勝率50%とかなり高めになっており、該当する馬がいる場合は注目してみても面白そうです
154• 昨年大ブレイクした新サイトに2021年も注目! は昨年2月のフェブラリーステークスで 130万円超えの大的中! これで注目されるようになったのですが、 プレッシャーもなんのその
78