京アニ 放火事件 犯人。 青葉真司の現在!生い立ちと親や兄弟など家族・やけどの状態まとめ【京アニ放火事件の犯人】

現住建造物等放火罪は、京アニのように 「建物の中に人がいる」または 「普段は人がいるが、たまたま外出していて人がいなかった」という建物に放火した場合に該当します。

供述内容については詳しく明かされていませんが、青葉容疑者は淡々と捜査員の質問に答え、容疑を認めたうえで、 「どうせ死刑になる」と話していたといいます。

概要 (元年)昼前、第1スタジオに当時41歳の男が侵入、からを建物1階に撒いてで着火した事により、現象が発生した。

7月15日• 殺人の方法として放火という手段を選んだ場合に殺人罪は適用されないのは、たとえ「殺害した」という犯人の目的が達成されようが、それとも「相手を殺すには至らなかった」となろうが、どちらにしても厳罰を科すためです。

同月26日に口座を開設したことを発表し、義援金は同月29日から9月30日まで受け付けるとしている。

もうひとつは「幻聴」だ。

なお、事件当日の段階では、犯人像や動機に関す警察からの発表はされていない。

61 98