川越 観光。 川越観光ネット

このように、予備知識の有無によって物事の見え方は大きく変わるものなのです。

さん(女性) 川越のクチコミ:19件 アクセス 1 東武東上線川越駅(本川越駅)からバスで 東武バス神明町車庫行きほか(蔵のまち経由)「札の辻」下車徒歩10分 2 東武東上線川越駅(本川越駅)からバスで 小江戸巡回バス「本丸御殿」下車徒歩0分 3 東武東上線川越駅(本川越駅)からバスで 小江戸名所めぐりバス「博物館前」下車徒歩1分 営業時間 [日火水木金土] 9:00~17:00 入館は16:30まで 休業日 [月] 祝日の場合は、翌火曜日が休館日 [12月29日~1月3日] 第4金曜日 館内整理日 ただし、祝日は除く 予算 大人 100円 団体 20名以上 は80円 大学生 50円 団体 20名以上 は40円 高校生 50円 団体 20名以上 は40円 「おくまんさま」と呼ばれ親しまれている川越熊野神社は、開運・縁結びの神様として信仰されています。

46
何をするか迷ったらこちらに寄るのがいいでしょう
10:10 に乗り「中院バス停」で降りる 12:00 ランチは小江戸オハナの絶品親子丼を さて、そろそろお腹が空く時間
15:50 に戻り、自由行動 縁結びに関するお守りがいっぱい用意されていました
平日でしたが、若い女性や中国?の人も多く参拝にきていました 現在の鐘楼は、明治26年(1893年)に起きた川越大火の翌年に再建されたもの
満足度の高いクチコミ(163件) 川越のランドマーク的な存在 【】 17:00 を南に歩き、、に寄りながらに向かう
関東三大祭りの一つとも称され2日間で80万人以上の人出を数える名物イベント 本殿は三間社流れ造りの銅瓦葺、瑞垣は延長30間の瓦葺で中央正面には平唐門がある
(ここではなく、後でに寄るのもオススメ 天長7 830 年、淳和天皇の勅により慈覚大師円仁により勅願所として創建された
12:20 山門(国指定重要文化財)から出て、(本殿が国指定重要文化財)を参拝 月曜日定休のところが多い
館長さんが分かりやすく、そして楽しく解説してくれます 通りをのんびり歩こう! 川越を訪れたらまず楽しみたいのが、歴史的なスポット巡りです
西武新宿駅から西武新宿線の「特急レッドアロー小江戸号」に乗車すれば、約45分でアクセスできます ・ (写真2枚目)小江戸オハナのすぐ隣にある観光案内所には、川越観光のパンフレットやおすすめ店舗のフライヤーが置いてあります
運営者一押しのランチ店リストは なぜ川越観光は「つまらない」のか? 川越観光中に「つまらない」という感情が駄々洩れになっている人たちには、共通していることがあります 五百羅漢を除いて、写真撮影はできませんが、紅葉山庭園内の紅葉などは撮影ができました
建物の2階にある店舗では、とんぼ玉やステンドガラスでアクセサリー作り、彫り絵ガラス、サンドブラスト体験でオリジナルグラスを作ることができます 実際に使われる山車などを展示しており、祭りを再現した巨大スクリーンがあり、休日にはお囃子の実演などもあります
ふわっと口の中でとろける卵で作られた極上親子丼(1200円)に、きっと恋してしまうはず 市内のうなぎ屋巡りをして、店ごとに違ううなぎの味を食べ比べてみるのもおすすめです
時の鐘にも上れるわけではない ……という逸話を知ったことにより、きっとあなたの中でこの銀杏は、 「神社の境内にある、何らかのご利益がありそうな木」から、「2本の木が1本になった、何だかちょっと興味深い木」にクラスチェンジしたはずです
仲町交差点で左折し、を眺めると共に、そこを右折してに出る 寛永15 1638 年の火災後の再建時には、江戸城内の家光誕生の間や春日局化粧の間が、喜多院の書院、客殿として移築された
11