東京 都 時短 営業 協力 金。 時短営業の「協力金186万円」もらいながら「隠れ営業」するバーの言い分…収入総額600万超えの店も

だが、第二次緊急事態宣言より支給範囲が大幅に広がるため、支給業務が滞り、さらに遅れる可能性がある。 ガイドラインを遵守のうえ「感染防止徹底宣言ステッカー」を、申請した対象店舗において要請期間中に顧客が見やすい場所に掲示していること。 たとえ休業したとしても収入には困らないが、 「お客さんが来てくれるというなら、店を閉める選択肢はない」と言い切る。 そのため、資金繰りの厳しい中小零細企業の経営の行き詰まりが懸念される。 4.ステッカーの入手方法は? 入手方法の概要は、下記の通り。 申請受付開始 令和3年4月30日(金)14時00分に 中小企業向けの申請受付を開始いたしました。 「全面的に協力」とは、 少なくとも4月16日~5月6日の全期間、要請に応じていることを意味しています。
国が1都3県に発令していた緊急事態宣言を22日に解除することを受けて、東京都はその後の要請内容について発表した。 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業及び個人事業主• 営業時間短縮の実施時間によって、申請受付期間等が異なります。 支払金口座振替依頼書 東京都感染拡大防止協力金申請書兼事前確認書 こちらは東京都の特設サイトからダウンロードが可能です。 申請期限は2021年3月25日までとなっており、支給額は時短営業に協力した期間によって異なりますが、最大で2021年1月8日~2月7日まで31日間協力した場合で186万円(中小企業の場合)となっています。 (3)申請期間・申請方法 申請開始は4月22日15時ごろから、 申請締め切りは6月15日(オンラインでは23時59分まで)となっています。 オンライン(インターネット)で申請 【申請はこちらから】 郵送で申請 簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で、下記宛てに郵送します。 施設名(屋号)が東京都のサイトで公開されますので、それに同意することが条件です。
32