越谷 市 ハザード マップ 洪水。 越谷市内水ハザードマップ(浸水実績図を活用した手法によるもの) 越谷市公式ホームページ

居住用物件を購入する際は、必ずその地域の「」を確認し、事前に災害リスクを把握して大切な命を守りましょう。

荒川 荒川流域の3日間総雨量548ミリメートル(200年に1度の降雨)• 越谷市が位置する埼玉県南東部地域は、利根川、江戸川、荒川などの一級河川が貫流する低湿地帯であり、地勢的にも治水対策は欠くことのできない重要な施策として、これまでも、国・県による河川整備等にあわせて、市管理河川の整備や市内ポンプ場の整備などを実施してまいりました。

市民の方に自分の住む地域の水害に対する危険度を認識していただき、災害時にスムーズに避難行動できるようなソフト対策のひとつです。

(内水とは一時的に大量の降雨が生じた場合、公共排水施設等に雨水を排水できず地表面に溜まった水のことです。

総雨量690ミリメートル 時間最大雨量153ミリメートル この地図は、以下の東京都作成の浸水予想区域図を武蔵野市に関してまとめたものです。

一方、大雨による浸水被害は、近年、都市化の進展や地球規模的な気象の変化などから、局地的な大雨による被害も発生しています。

図面の見方のポイント• 6以上で地盤が弱いことを示すとしている。

水防法の規定に基づく水害ハザードマップについて(宅地建物取引業者の方へ) 令和2年8月28日施行の宅地建物取引業法施行規則の一部改正により、不動産取引時における重要事項説明の対象項目として「水防法(昭和24年法律第193号)の規定に基づき作成された水害ハザードマップにおける対象物件の所在地」が追加されました。

65