グッドラック 視聴率。 グッとラックの番組終了は3月末?理由は小林麻耶か視聴率低迷|ふぁんふぁんニュース

ただ、僕らは打ち合わせができないんです」と明かす番組スタッフによると現在、『グッとラック!』では、志らくと淳は個別に、チーフプロデューサーとだけしか打ち合わせをしないという。

ただ、入りたくないですけど。

また、『ZIP!』の視聴率乱高下の原因は、番組全体の中長期的な見通しがないまま、場当たり的な改革を各所にしていることにあります。

気になるフラッシュ本誌を確認したところ、 来年の3月に、グッとラック!が終了することが極秘に決定したのです。

そこに寄り添う優しさが他の番組には感じられないグッとラック!の独自性でした。

そんな中、ちょっとした異変が起きているという。

TBSとしては、個性の強い志らくの毒を消すことで、あえて「MCの色を出さない」方向にシフトしたともとれる。

彼の場合は志らくがかすんでしまうことで敬遠されたのでしょうが、逆に言えば、それだけ淳は当たり障りがないということでしょう」(テレビ誌ライター) 「社会派」を目指しているかに見えるが、さほど向いてる様子はない淳。

ご意見はこちらよりお願いいたします。

フワちゃんが生放送中に涙 視聴者から「印象変わった」といった声あがる - ライブドアニュース livedoornews. 直接電話するのが一番早いのかなぁ? 「2月の数字を見ると、18日の『ZIP!』の視聴率は8. 落語家の立川志らく(57)を司会に迎えて期待されたが、視聴率がふるわずわずか1年半で幕を閉じる。

企画、メンバーもまったく駄目です。

このあいだもトークがテーマからずれたり、スタジオの展開が思ってもいない形になって、困りました。

TBS放送タワー 立川志らくが司会を務める朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)がスタート早々から大きくつまづいている。

「まず、おそらく新型コロナウイルス関連の情報の密度と信頼性の差があるのではないでしょうか。

『グッとラック!』はワイドショーを制作する情報制作局が手がけていたが、4月の新番組からはバラエティーなどを担当するコンテンツ制作局が受け持つ。

「若林は、女子アナとしては非常に珍しい大阪市立大学出身という経歴の持ち主で、大学時代には『週刊朝日』(朝日新聞出版)の表紙に登場したり、セントフォース関西に所属して、タレントとして活動していたこともあります。

開始当初は「顔色が悪い」「目にクマができている」と心配されてきたが、最近は顔色が良い状態が続いているとされ、体力・気力ともに「本調子」となってきたようだ。

54