中 日 ドラゴンズ 竜 速。 中日ドラゴンズアンテナ

最近のドラフト1位の投手では、野村が2015年1月20日にブルペン入り 中日スタヂアムのナイター設備が完成し、の戦で初ナイターを開催
1949年 - 1950年• 第2次高木監督時代 [ ] 開幕戦の広島戦に勝利し、引き分けを挟んで5連勝で5月8日に首位に立つと途中1日を除いて6月30日まで首位だった またロゴ4は球団旗に使用されたことはない
前後して9月を15勝6敗3引分け、10月を11勝5敗2引分けと勝ち越し、10月6日に首位に浮上 ストッキング…'37年 - '38年のものに近いが、線は黒が2本入ったのみ
167 9 一 205 石岡 スタメン 5 2 4 3 1 0 0 0 0 1 2 0. チームは序盤は投手陣の不調、また5番レフトとして期待されたの不振で出遅れたものの、5月には10連勝を記録 、阪神を自由契約となった福留孝介が14年ぶりに復帰
最少失策 45個(2004年、2019年)セ・リーグ記録• 317、36本塁打、103打点と活躍し、髙木も打率3割を打ち、投手陣も2年目のがリリーフに定着、3位とAクラス入りを果たす その日は東京遠征の移動日であり、監督・選手らは到着後、電報で優勝を知ることとなった
のファーストステージでは2勝1敗でヤクルトに勝利したものの、続く巨人とのファイナルステージでは3連勝の後3連敗で敗退した FA移籍した福留の穴埋めとして西武からがFAで入団
5ゲーム差の2位に終わった 、ノースリーブユニフォームが登場した戦で連敗が止まるが、から11連敗
1949年に使われたデザインからドラゴンの絵に代わり、えんじ色で筆記体の「Dragons」ロゴが入ったもの(中日マークはそのまま) 髙木が現役を引退した
7 85
登録番号:第2543391号。 しかし、この年のオフに天知は体調不良を理由に監督を退任 し、中日球団の副代表に就任した。 5ゲーム(1948年)• 監督(当時)時代に一貫して使用された。 左袖…1954年以降濃紺で中日マーク入る。 交流戦終了後、連敗がかさみ6月末時点で借金9の最下位に沈んだ。