私 の 夫 は 冷凍庫 に 眠っ て いる ネタバレ。 私の夫は冷凍庫に眠っている【13話ネタバレ】周囲の人間は双子に気付いていた!?

しかし翌朝、、、 「おはよ」 昨日殺したはずの亮が現れた。

低い声が良かった 夏奈は、同棲相手の亮に睡眠薬を飲ませて電気コードで絞め殺した
それなのにソウは亮を絞め殺し、代わりに冷凍庫に入れた 夏奈は元々は、あの家で祖父、母と三人で暮らしていた
母からは父とのエピソードを一度も聞いたことがなく、写真も1枚もない 蒲田は親身になって話を聞き1週間後に離島に逃亡する計画を立てた
そこに現れた孔雀 そこに奏が帰ってくる
ありがとうございます 夏奈は嘔吐した
34
夏奈にとっては、自分の人生を邪魔する人間は要らないのだ。 背後から夏奈を抱きしめていく。 おしどり夫婦を演じるのも亮を殺すための演技…、夏奈はそう思っていた。 『結婚しよう!オレ戸籍取る…そしてもっとちゃんとした職につくよ』 妊娠してたら産もうと夏奈に声をかけていく奏。 『よく見てみろよ!…これが夏奈の夫か?』 恐る恐る目を開けると冷凍庫の中にあったのは亮の死体ではなく…ただの大きな肉の塊であった。 結婚記念日に酔っ払って帰ってきたかと思うと、翌日は夏奈の好きなシュークリームを買ってきて一緒に祝おうと言ったりする。 『私はどっちと結婚してるの?』 奏は告げる。
木になった夏みかんを催促され、あとで持っていくというと、亮に持って来させるように言われる。 その後、夏奈ママは探偵を使って奏達の事を調べていた。 きっかけは夏くらいに兄弟で歩いている場面を偶然見た模様。 しかも、クレカ支払いで購入すれば40%ポイントバック。 肩の荷が下りたような表情になって奏の手を握っていく夏奈。 「夏奈、また2人で暮らそう」 夏奈が亮の言葉を信じようとしたとき、母が現れ亮を刺す。 しばらくすると亮はミカエルに戻った。 全ての背景を知った所で自宅に帰ろうと伝えていく奏。 『戸籍がなくても結婚するのはそう難しいことじゃないよ』姓は彼女のものになるが必要な書類さえ集めれば二人で手続きできる範囲で結婚の受理はされるとアドバイスしていく優しい弁護士。 奏は戸籍を取ることに 休みの日に奏と夏奈は戸籍を取るために弁護士事務所に訪れた。