ポツダム 宣言。 日本がポツダム宣言第八項を恐れる理由

それは実際、快く輝かしいものに思われた。
日本にとっての「大義」は何だったのか、当時から答えのないままにずるずると大陸での戦闘が続いた これはトルーマンも対日降伏勧告の意志を持っていたが、マーシャルらの手前自ら主張することは好ましくないと考え、マックロイらに口火を切らせたとも見られている
すでにトルーマン政権は、様々な理由により天皇制存続を決めていたが、中国、ソ連、英連邦諸国の中で根強かった「天皇退位論」や「天皇戦犯論」に配慮したためである なおこの条約では日ソ両国は領土保全と不可侵を相互に尊重しあう義務を負っていた 第一条
占領した地域はフィリピン、シンガポ ール、マレー、香港、蘭印、ビルマ(ミャンマー)に及んだ 今や、日本が受けるべ き正当な名誉を与えてやってもよい時期になったのはないだろうか
しかし、われわれの捕虜を虐待したものを含めて、すべての戦争犯罪人に対しては断固たる正義を付与するものである 日本の軍隊は、完全に武装解除されてから帰還を許し、平和で生産的な生活を営む機会を与えることとする
先日参謀総長から九十九里浜の防備について話を聞いたが、実はその後侍従武官が実地に見て来ての話では、総長の話とは非常に違っていて、防備は殆んど出来ていないようである 大東亜戦争突入は、米国の情報謀略「ハル・ノート」から始まったのである
日本に降伏を勧告し、戦後の対日処理方針を表明したものだ。 自衛すら許されぬということか? 70年を越えてなお、この状況。 今陸軍、海軍では先程も大臣、総長が申したように本土決戦の準備をして居り、勝つ自信があると申して居るが、自分はその点について心配している。 基本的目的の達成を担保するためである。 ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。 どうしても、太平洋戦争が誤った戦争、侵略戦争だったことは認めたくないのである。 我々の意志はを民族として化し、また日本させようとするものではないが、日本における虐待を含む一切のは処罰されるべきである。 またスティムソンは個人的意見として現皇統における立憲君主制を排除しないことを付け加えれば降伏は実現しやすいであろうと述べた。 「未だに」というのは1941年2月斉藤隆夫の議会での質問でこの問題が取り上げられていて、斉藤は「この未曽有の大戦争をどのように処理(終了)するのか。 それは徹底的に検討されるべき方法で、もし我々が通常の攻撃および上陸以外の方法を検討しないのであれば、どうかしていると言われても仕方の無い事だと思いますよ。
28