Ν ガンダム。 νガンダム

ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー 小説『ベルトーチカ・チルドレン』で使用。

サイド7でおこなわれる式典用にそのまま転用され、トリコロールを基調に塗装されている。

ビームを絞っての超遠距離狙撃にも対応しており、精密射撃用を装備している。

となるよりも低出であり、通りの予備兵装となる。

2021年5月6日閲覧。

目はクリアパーツの上から偏光フィニッシュグリーン。

58

25 機動戦士ガンダム MS ( モビルスーツ )大図鑑【PART. サイコフレームの導入 [ ] 「シャアの反乱」においてシャアがを地球に落とし始めたことで戦況が激変し、アナハイム社は本機の納期を10日も繰り上げさせられる。

試験機としか書かれておらずデザインも起こされていない。

この際にはコックピットにはチェーンのために前部に簡易的な補助席が設けられている。

大口径メガ粒子砲を2門装備するシールド。

サイコ・フレームを搭載していない設計本来の仕様で運用テストが行われた。

地球連邦軍新興外郭部隊ロンド・ベル隊のエース、アムロ・レイ大尉が独自に温めている新ガンダムのコンセプト案。

細身のHi-Sガンダム以外は全て恐竜やをとした「ごつく怖い」デザインラインで進行していた。

開発は引き続きAE社が担当し 、装甲やフレームの材質は原型機より1ランク下のものが用いられるが 、基本性能は原型機の80パーセントをフォローしているとされる。

左肩には中尉のイニシャル「M」をモチーフにしたパーソナルマークが描かれていた。

頭部のデザインも、大畑晃一 や鈴木雅久、佐山義則などの描いたラフ案をまとめて出渕がデザインを完成させた。

74

『ENTERTAINMENT BIBLE. シリーズでも登場。

サイコミュを搭載する前の状態で、00531は本機を生産した工場の製造番号。

対決・名場面 [ ] GBNの守護者 キャプテン・ジオン! 『Re:RISE』第4話より。

装甲が角ばっていないので、マスターグレードより アニメに近い形状になっているのではないでしょうか。

出典 [ ]• その他 マニピュレーターには、時のMSと同様にダミー発射機やを装備している。

腕部ガトリングガン 右袖口に内蔵される4連装のガトリングガン。

ここでもダミー・バルーンの有用性は健在だが、DLCヒーローの仕様ゆえにこの作品ではクロスオーバースキルは持たない。

エネルギーCAP方式のライフル。

その製造スピードについて、アムロは「まるでプラスチック・モデル並のスピードだな」と感嘆の声を上げる。

各部のジオン風ディテールはを彷彿とさせる物となっており、胸部にはキャプテン・ジオンのモチーフである「Z」のエンブレムが施されている。