業務 上 横領 罪。 業務上横領罪で刑事告訴・被害届!横領・着服事件の示談の重要性

法定刑は 「1年以下の懲役」または「10万円以下の罰金」もしくは「科料(かりょう)」とされています。 被害者が企業であり、そこに横領・着服した者が勤務していた場合には、ほぼ確実に懲戒解雇されますので、被害者側が主張している金額を支払えないということもあります。 しかし、横領罪は、窃盗等、財産に対する犯罪の中でも、特に 被害金額が大きい傾向が高い犯罪です。 その際、横領の有無、横領の金額等の客観的事実を証拠に基づいて明らかにするとともに、当該従業員が横領を認めているのか、返済の意思があるのか、 返済能力があるのかを聞き取り調査する必要があるでしょう。 業務上横領罪の立証に必要な証拠があること 業務上横領は刑事事件となりますので、立件するためには警察へ届け出なければなりません。 いずれにせよ、会社内で入念に検討を加え、慎重に行動すべきであることは間違いありません。 被害金額500万円:2年の実刑• 個々の詳細は刑法252条から刑法255条によって詳細に定められています。
14

警察が逮捕するはどのようなケースか? 業務上横領罪で警察が逮捕する条件 業務上横領罪で逮捕する可能性が高くなる要素は次のとおりです。

保管だけ頼んだのに、それを勝手に使ってしまったのですから、横領行為があったと言えるでしょう。

経理の金銭管理、在庫の管理においては、上司等によるチェックが随時なされる体制等を構築すべきです。

業務上横領罪の刑事告訴・刑事告発の具体例としては以下のようなケースがあります。

業務上横領罪の刑事告訴については、以下の記事を参照してください。

自分が管理しているお金をとったわけではないので業務上横領罪にはなりません。

70
有罪となった場合の刑の重さは、1年以下の懲役、10万円以下の罰金または科料(1,000円以上1万円未満を徴収される刑)とされています。 しかし会社内で起きることが多い犯罪であることから、通常、被害申告がなければ捜査機関に事件が発覚しません。 一方、業務上横領事件が起こっているのに、会社が刑事告訴その他の対応をしなければ、他の従業員のモラルも低下して、今後も横領事件が発生してしまう会社になってしまうおそれがあります。 一人の人間を見張る・探し出すという行為は、ことの他難しい部分が多いのです。 疑いがある社員の身辺調査は探偵事務所に相談する 業務上横領の疑いがある社員に多いのが、 横領後に行方不明となるケースです。 横領額が大きくなればそれだけ実刑の可能性も高くなりますが、被害弁償や示談を行った上、横領してしまったことについて汲むべき事情があるなどすれば、被害金額が大きい場合でも執行猶予が付き実刑にならない可能性もあります。 ですので、横領事件を起こし刑事事件化するのではとお困りであれば、すぐに被害者への被害弁償や示談交渉を行う必要があります。
76