ムーミン ミー。 ムーミンの登場人物

アニメ版では『楽しいムーミン一家』第23話に彼の外見や設定をベースにした「ラッキ」(声:)というキャラクターが登場(参照)、基本デザインは同じだがセーターの色が紫にピンクになっている。
デザインも原作小説の挿絵と同じように顔つきが少し違っている。 2019年3月9日閲覧。 『ムーミン谷の夏祭り』にみられる公園の「芝生に入るべからず」のような禁止系のものだけでなく、『ムーミン谷の十一月』ではヘムレンさん(十一月)が作った地名の立札もこの対象になっている。 『』(ムーミンを生んだ芸術家トーヴェ・ヤンソン;Tove Jansson),2009年5月号。 この時、ミイはなんと虫眼鏡で見ないとわからないくらいに小さかったらしいことがわかっています。 ムーミン一家と同居している時と、自分の家にいる時がある。 フランス語で、 惨めで不幸なさまを表す言葉です。 まじめにしていなくたって、すべての物ごとを悲観しなくたって、なんとかなること。 ニブリング(クリップダッス)(: klippdassar、: Niblings) 群がって生活するネズミのような容姿の動物だが足に吸盤がありぬるぬるした粘液を出す。

なぜなら、この物語の書き手であるムーミンパパは序章で「この自叙伝では、少しは大げさにいったり、ごちゃまぜになったりするところもあることでしょう」と語っています。

アニメ『ムーミン』では黄色いスカートを着ている。

(中略)ミムラ姉さんと共々スナフキンの姉(異父姉)であるという解釈もある。

トーベ・ヤンソン『ムーミンパパの思い出』小野寺百合子訳、講談社、1990年。

趣味は家事の合間にリビングでイスに座りながらする、一家で海に出かけた時も暇を潰す時も編み物をしていることが多い。

どんなちっちゃな生きものにだって、怒る権利はあるんだから。

また、物語中ではほかの姉妹とは別に描かれており、作中の大半で行動を共にするスナフキンに、きまりにうるさい公園の管理人から助けられる。

明るく振舞うのが苦手な人、楽しく生きることが難しい時は、時には"楽さ"を優先してみてもいいのかも。

87