ゴル 航空 1907 便 墜落 事故。 ゴル航空1907便墜落事故と逆で、ゴーンが乗ったプライベートジェットがT

事故から2年以上たった2008年12月10日、CENIPAは最終報告書を発行した。

離陸中滑走路で野鳥群に遭遇 :離陸中止に追い込まれることが多い)したり、離陸直後の上昇中に気象、機器などに起因発生するケース(飛行中止、空港に戻ることが多いが、着陸に失敗、墜落することもある)。

事故の瞬間を偶然目撃したアメリカ軍の輸送機のパイロットが、衝突は雲の中で起きたということを証言した。

2人ともおよびに務めており、双発ジェット機の操縦経験は豊富だった。

原因:前方の大型機に不用意に接近させすぎた事による後方乱気流遭遇• なお両便ともを装備していなかった。

72 56