笠井 信輔 ブログ。 笠井信輔アナが語った「悪性リンパ腫」その衝撃の発覚経緯とは?

悪性リンパ腫の中でも「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」と診断されたことを明かした。
そんなことから、げっそり痩せた姿を見せ、周りを心配させることは少なかったと思います 今日はお尻の下のあたりが痛くて、朝ちょっと足を引きずるような状況だったんですけど、腰が痛かったり、肩が痛かったり、手首が痛かったり
『自分大丈夫かな? 私の今の姿、発信は自分の生き死にの問題だけではなくなっていると 今回、病名を公表しようと思ったのは「32年間、ワイドアナウンサーとしていろんな有名人の方のプライバシーを自分の言葉で放送してきて、いざ自分が病気になった時に『そっとしておいてください』というのは、やはり自分の生き方として許せない
ご縁あって今回の取材の機会を頂き、また、闘病後には、がん情報サイト「オンコロ」上で、「笠井信輔のこんなの聞いてもいいですか」と題したプログラムをスタートしました ネットで情報を調べるのは少しだけにしました
SNS・ブログで自分をさらけ出したら… 入院は2019年12月で、フリーになって2カ月後 「自分の体の中に何か起きている」と思い、11月中旬に都内の病院で検査を受けたところ「前立腺肥大」と診断された
ただ、1回目のを投与したあと、すぐにも痛みも良くなり、びっくりしました フジテレビ辞めてフリーになって、これからっていうときに、そういう宣告を受けるのは、青天の霹靂を超える衝撃でした」と振り返る笠井アナ
ただ、周りの方は「笠井さんはきっと特別な治療を受けたのでしょう」と言われました 副作用として発熱や吐き気、手足のしびれなどを伴うケースがある
バラエティー番組にも出られるようになった矢先ですから、なんて運が悪いんだと思い、キャンセルした仕事を数えて落ち込みました フリーの笠井信輔アナウンサーが19日、古巣のフジテレビ系情報番組『とくダネ! 医療者や医療機関が最新の情報を説明していて、ビジネスとつながっていないサイトならば信頼できますが、とにかく何でもネットで調べる時代だからこそ、気をつけないと
89

だから、私はテレビに戻らないといけないし、元気な姿で発信することが使命だと思うようになりました。

がんの症状や治療の効果、副作用の有無には個人差があります。

今後はブログを開設して、治療の報告をしていくという。

悪性リンパ腫は抗がん剤で治る可能性も もしかしたら、そもそも肺がんと悪性リンパ腫では、同じがんといってもずいぶん違うのかもしれない。

ネットで情報を調べるのは少しだけにしました。

フリーの笠井信輔アナウンサーが19日、古巣のフジテレビ系情報番組『とくダネ! 「この病院でいいんじゃない」とも思いましたが、先生は嫌な顔をするどころか、データをすべてをお願いする先生に送ると言ってくれました。

症状は悪化するばかりでした。

私にだけ特別なことはやってくれるはずもありません。

63