業界 天気 図 2020。 景気動向指数を天気で表した「業界天気図」を公表

生産活動の停滞や消費不振を受け、各業界で大きな影響が発生している。 工作機械も「小雨」から「曇り」に回復。 国内生産・販売は微減、世界販売も減少し、CASE対応で費用増となるなど状況は厳しい。 情報・通信 ソフトウェア ソフトウェア受託開発 曇り 既存ビジネスを中心に売り上げ堅調も、新型コロナによる海外事業の採算性悪化や販管費増などで減益。 化学・素材 石油化学製品 石油化学製品製造 小雨 新型コロナの影響による販売数量減や、原燃料価格下落による販売価格低下により、減収減益傾向。
44
30日から31日は、冬型の気圧配置が再び強まった 輸送機械 自動車 自動車製造 雨 新型コロナの影響で世界的に販売台数、生産台数ともに減少
曇り 巣ごもり需要が追い風となり、デリバリーやテイクアウトが堅調推移も、不確定要素が大きく先行きは不透明 TDB20年度業界天気図「コロナショック」業界痛手、厳しさ増す製造業 新型コロナウイルスが製造業を直撃している
薄日 新型コロナの影響は続くが、中長期的には5Gなど先進技術の需要に期待 曇り テレワーク・巣ごもり需要の取り込みやネット販売の強化により、業績回復を目指す
2020年3月に発表された最新版である『「業界天気図」動向調査(2020年度見通し)』から一例を紹介します 2 から大幅に悪化
新型コロナ再拡大が懸念材料 さらに、各社が置かれた経営環境がひと目で判断できるように、月次業績データにおける直近3カ月の平均データの推移から、各社がいま置かれた状況を6つの天気図で示す
取扱商品の差で業績はまだら模様が予想される 有事の買い溜め
材料・素材関連は、石油化学製品は「薄日」 家電は中国のサプライチェーンに依存度高く、供給に難あり
三品産業は好調のきざし 食品 酒類 小雨 新型コロナ感染拡大にともなう外食産業の低迷により業務用需要が減少、各社業績は減収傾向に
5G需要とIoT進展によって回復を期待 小雨 新型コロナの収束見通せず、社会経済活動を取り戻すまでは、正味収入保険料などは低調推移を見通す
37
金融 リース 曇り 新型コロナ拡大で影響を受ける分野により、各社業績は明暗分かれる 国内生産・販売は微減、世界販売も減少し、CASE対応で費用増となるなど状況は厳しい
世界で進むクリーンエネルギーシフトへの対応が課題 建設・不動産 住宅 戸建て 小雨 新設住宅着工戸数が減少
イベントが減るとなると広告媒体である紙やインクの需要が減ることになりそう 逆に銀行はIT化の進展により、募集人数は抑制傾向になるでしょう
雨 個人消費の持ち直しに期待も、状況は依然厳しい 東京オリンピック効果での増収を見込むが、競争は激化すると予想
372• キャリアが通信機能で顧客を奪い合う状況にはないのが痛い 建設・不動産 建設 曇り 公共工事は堅調も、新型コロナの影響から国内受注額の約7割を占める民間の設備投資意欲が低下し受注減
医療 介護福祉関連サービス 介護サービス、有料老人ホーム 曇り 外出自粛でデイサービスの利用抑制はあったが、居宅、訪問系など他サービスは堅調に推移し増収基調 雨天が約7分野になり悪化傾向 2020年3月10日、帝国データバンクより2019年度における、各企業分野の景気動向を調査した結果が発表されました
96