đŸ¤šãƒ€ã‚¯ãƒž おãŖãĄã€‚ ã€ãƒã‚ąãƒĸãƒŗå‰Ŗį›žã€‘双æ‹ŗãŽåĄ”ã¯ãŠãŖãĄãŒãŠã™ã™ã‚īŧŸã€ã‚Ŋãƒŧãƒ‰ã‚ˇãƒŧãƒĢド】īŊœã‚˛ãƒŧムエイト

キョダイマック゚ぎã‚Ģナãƒŧ åˇĻが一撃ぎ型ぎキョダイマック゚です。

2つぎ「かた」 ã‚Ļãƒŧナã‚Ē゚はダクマ時ãĢįŠãŋ重ねãĻきたäŋŽčĄŒãĢより、ã‚ŋイプがį•°ãĒるäēŒį¨ŽéĄžãŽã€Œã‹ãŸã€ã‚’čēĢãĢつける。

パãƒŧテã‚Ŗ構į¯‰â€ĸ 外部ã‚ŗãƒŗテãƒŗツ ãƒã‚ąãƒĸãƒŗホãƒŧムâ€ĸ ダクマぎつよさをčĻ‹ãĻ性æ ŧをįĸēčĒâ€ĸ äŧščŠąã‚’é€˛ã‚ã‚‹ã“ã¨ã§ãƒ€ã‚¯ãƒžã‚’å…Ĩ手できぞす。

おうぐぎå…Ĩ手場所â€ĸ ダブãƒĢではéšŖãĢį‰šæŽŠæŠ€ã‚’äŊŋãˆã‚‹ãƒã‚ąãƒĸãƒŗãŒã„ã‚‹å ´åˆã€é€šå¸¸ãƒ€ã‚¤ãƒžãƒƒã‚¯ã‚šã‚‚æŽĄį”¨ãŽäŊ™åœ°ãŒã‚る。

「れんげき」は4倍åŧąį‚šãŒãĒãč€æ€§ã‚‚ã€Œã„ãĄã’ãã€ã‚ˆã‚Šå¤šã„ã€‚

れんげきぎかた 「ずあくあ! äŧčĒŦとしãĻはäģĨæĨと14åš´ãļりãĢé€˛åŒ–å‰å…ąã€…é›Œé›„ãŽæ€§åˆĨがついãĻã„ã‚‹ãŒã€č‚˛ãĻåą‹ãĒおでダクマぎåĩを量į”ŖすることはできãĒいぎでæŗ¨æ„ã€‚

ãĄãĒãŋãĢæ­´äģŖãƒã‚ąãƒĸãƒŗで唯一į¨Žæ—å€¤ãŒį‰šæ”ģīŧœæ”ģ撃でį‰Šį†į‚ŽæŠ€ã‚’čĻšãˆã‚‹æ°´ã‚ŋイプである。

ãƒĸチãƒŧフãĢãĒãŖたかは不明であるが、それぞれぎかたが『』ぎīŧˆ 剛ぎæ‹ŗぎäŊŋい手īŧ‰ã¨īŧˆ 柔ぎæ‹ŗぎäŊŋい手īŧ‰ã‚’åŊˇåŊŋとさせるという指摘も一部である。

晴れ下でを撃つとį‚ŽæŠ€ãĢãĒるため、ãĒおãĢもæ­ĸぞりãĢくくãĒれる。

79
AとCぎį¨Žæ—å€¤ãŒčŋ‘く、į‰Šį†æŠ€ã‚‚į‰šæŽŠæŠ€ã‚‚そこそこæŊ¤æ˛ĸãĢčĻšãˆã‚‹ãŽã§į‰Šį†åž‹ã‚„ä¸Ąåˆ€åž‹ã§äŊŋえãĒいこともãĒい。 ここãĢã‚ŋネを植えれば、ãƒŦイ゚ポ゚がį™ģ場するぞ。 そこãĢ向かãŖãĻ、ぞãŖã™ãé€˛ã‚‚ã†ã€‚ ãƒŦイ゚ポ゚ぎį¨Žæ—å€¤ã¯ãƒ–ãƒĒã‚ļポ゚とはįœŸé€†ã§į´ æ—Šã„į‰šæŽŠã‚ĸã‚ŋッã‚Ģãƒŧ向きだ。 ã‚ˇãƒĒãƒŧã‚ē通しãĻぎčĻį´ â€ĸ マック゚ãƒŦイドバトãƒĢâ€ĸ 寞抗したいãĒらはがねã‚ŋイプぎ「」をčĻšãˆã‚‹ã“とはåŋ…須だが、寞éĸでは「ばけぎかわ」をįĒį ´å‡ēæĨずčŋ”ã‚Šč¨ŽãĄã‚’č¨ąã™ãƒŸãƒŸãƒƒã‚­ãƒĨがéŦŧ門で、同じかくとうã‚ŋイプとぎ寞éĸもč‹Ļ手としãĻいる。 č€æ€§ãŒå¤šã„åˆ†2倍åŧąį‚šã‚‚多いį‚ē、思わãŦ所からぎã‚ĩブã‚Ļエポãƒŗでį—›æ‰‹ã‚’éŖŸã‚‰ã†äē‹ã‚‚あるぎでæŗ¨æ„ã€‚ åˆč¨ˆå€¤ã¯550とäŧčĒŦとしãĻは控えį›Žã ãŒã€į‰šæ€§ã‚„å°‚į”¨æŠ€ãŒéžå¸¸ãĢåŧˇåŠ›ã§ã€ã‚„ダイã‚Ļã‚ŠãƒŧãƒĢといãŖた時間į¨ŧぎ手æŽĩãĢとãĻもåŧˇã„ぎがį‰šåž´ã€‚ į´ æ—Šã•ã‚‚かぎミミッキãƒĨを1上回り先手を取れるįĩļåĻ™ãĒナイãƒŗ。 ãžãŸã€ã„ãĄã’ããŽã‹ãŸãŒãŽãĢäŧŧãĻいるというåŖ°ã‚‚一部存在する。
21