ヤーズ 禁忌。 ピルと飲み合わせ禁忌の薬やサプリメント、安全に服用するための注意点を解説

1.1. 子宮筋腫のある患者:定期的に内診や画像診断等の検査を行うなど慎重に投与すること(筋腫の腫大を促すことがある)〔8. 現時点ではピルは乳がんの発生リスクを増加させるという見解になっています。

1.9. 心臓弁膜症<肺高血圧症又は心房細動合併・亜急性細菌性心内膜炎既往は禁忌>の患者:血栓症等の心血管系障害が発生しやすくなるとの報告がある〔1.警告の項、2. エストロゲンの量による分類、黄体ホルモンの種類による分類、配合されているホルモンパターンによる分類があり、それぞれに特徴がありますので、自分の身体に合ったピルを選ぶことができます。

血栓症は早く気がつき、すぐに治療を受けることで重症化を防ぐことができます 15. 高血圧<軽度高血圧を除く>のある患者[血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告がある(また、症状が増悪することがある)]〔1.警告の項、9. 2. 本剤の投与にあたっては、不正性器出血の予防及びホルモン剤服用中の妊娠のリスクを最小限にとどめるため、飲み忘れ等がないよう服用方法を十分指導すること
ラモトリギン、モルヒネ、サリチル酸[これらの薬剤の血中濃度が低下するおそれがある 本剤はこれらの薬剤のグルクロン酸抱合を促進すると考えられる ] 急性腎障害• ヤーズは吐き気やむくみなどの 副作用も起きにくく、生理期間も4日程で終わるように調整するので、低用量ピルを使ってみたいけどちょっと抵抗がある、吐き気が起きそうで心配…という方に向いています
したがって、ニキビやむくみに対する副効用が期待でき、月経困難症、子宮内膜症の治療薬として、海外では月経前気分不快障害の治療薬として認められています(日本では未承認) 最も一般的な副作用は、周期途中の出血です(破綻出血)
ヤーズは偽薬期間が4日間と短いので血中のホルモン変動が少なく、頭痛や乳房痛が起きにくい反面、エストロゲンが20㎍の超低用量ピルのため不正出血の頻度が他の低用量ピルよりも若干多い印象です 社内資料:薬物動態(代謝)(2010年7月23日承認、CTD2. 患者に対しても、緊急対応を要する血栓症の主な症状 下肢の急激な疼痛・腫脹、突然の息切れ、胸痛、激しい頭痛、四肢の脱力・麻痺、構語障害、急性視力障害等 があらわれた場合は、直ちに服用を中止し、救急医療機関を受診するよう説明すること
心配ならロキソニン使うのが一番いいかも 1参照〕
また、何かの疾患で医者にかかる際は、ピルを服用している旨を伝えておくのが安心です 9). HIVプロテアーゼ阻害剤(アタザナビル)[本剤の血中濃度が上昇するおそれがある(本剤の代謝酵素(CYP3A4)を阻害すると考えられる)]
検診を受けないと処方されないので注意! ヤーズなどのピルを長期服用する場合、定期的(3〜6か月に一度程度)に血液検査や血栓症の問題がないか、検診をする必要があります また、症状が増悪することがある
2 肝障害のある患者(重篤な肝障害のある患者を除く) 代謝能が低下しており肝臓への負担が増加するため、症状が増悪することがある PMSとヤーズ、PMSとジェミーナで検索して当ブログを訪問してくださる方が多いようです
47