60 センチ 水槽。 【写真でわかる】60センチ水槽で作るレイアウトテクニック

60センチ(cm)水槽はどういった観賞魚に向いてる? 60センチ水槽はよほどの大型魚でない限りはゆとりをもって飼育できる水槽のサイズです。

自分の水槽・環境に合った飼育数を見つけるときの参考にして下さい。

下の画像のように様々種類の熱帯魚を混泳させたり、立派な水草レイアウト水槽もできます。

排水口に消音フロートがついているので、吐水音が静かです。

過密飼育が危険な理由の1つは 水が汚れやすいということです。

水槽を置く場所は、余裕をもって間を開けておきましょう。

メタルラックなどの家具では長期間水槽を置いておくと歪んでくることがあるので、できれば 水槽専用に作られた水槽台を購入しましょう。

63
硝酸塩濃度は水換えによって下げることができます。 生き物が住みやすい、きれいな水を維持できれば初めてでも失敗しづらくなります。 安全マージンは大切ですが、自分に合った飼育数を見つけられないのは、少しもったいないですからね。 また複数の種類を混泳させたいのなら、 熱帯魚同士の相性も考慮する必要があります。 水換えの頻度や一度に水換えをする量は、水槽の環境やサイズによって異なります。
36