下 世話 意味。 「下世話」の意味と使い方!「下世話な話」ってどんな話?【類語・例文】|語彙力.com

79

下世話の間違った使い方 下ネタとしての使われ方 これらは「下世話」の間違った使い方ですが、こういう使い方の方をよく耳にしていませんか? よくある勘違いで、下世話はお金の話をするときの切りだしとして冒頭に使うと思っている人がたくさんいます。

その人がその時の得意げな自分の顔を見て、どのように思っていたのかと想像するだけで、顔から火が出るほど恥ずかしくなってしまう、という人も多いかもしれません。

「下世話」の「下」=「下々」=「庶民」であり、 「世話」とは、世間でされる話という意味で、 要するに、俗世間でされるような話ということです。

下世話な話になりますが、近年の業界の動向を教えてください。

しかし、実際はプラスでもマイナスでもなくニュートラルな言葉で、「程度が低い」などというニュアンスを持ち合わせていません。

A post shared by on Oct 10, 2018 at 3:32pm PDT 下世話の類語3つ目は「世間話」という言葉です。

このように、「下世話」の「下」は「世間一般・庶民」という意味なので、決して悪い意味で使うのではなく、「世間一般で言われる話」というニュアンスで用います。

2つとも全く意味が違うので、間違えないように注意しましょう。