おむつ bl 小説。 『お漏らしから始まったお付き合い』第3章「交際2日目」 14ページ

「まったく君はイケナイ子だねぇ…お漏らししちゃって…ぐふふっ」 漏らせと言ったくせに叔父はそう言うと、ベビー服の股の部分のボタンを開け、オムツを脱がせようとした おむつの上から執拗に責める指や、濡れた肌をなぶるようなおむつ替えに、溢れた声を抑えることも出来ない
そして奴隷やペットとし連行されるお話が「前菜のお話」章の後の「本編のお話」章より始まります そうすることによってお尻の穴を締めようと我慢しますので効果的です
「なんで、智なんかに……」 妹に屈服し、尚も依存させられる無力感に、姉・鈴花は臆病にも震えていた 怯えて、思わず目を開けた鈴花も、その様子を見てしまいまたすぐに目を瞑ってしまう
ここで投稿している小説は、全て同名タイトルでpixivの方にも投稿しています 「いいから早くしてよ
今は夏休み?だと思いますので夏休みの間はこれでやっていきましょう 自分が何ものであったかを思い出させるような言葉は、鈴花にとっては避けがたく残る羞恥があることを、何度も何度も、刻みつけていた
寝ている間におねしょをしているとはいえ、その排泄は長く、オムツが小便を吸ってずっしりと重くなる お互い、誰にも言えるはずのない趣味だった
こんばんは 昼夜逆転です シバが~がいつの間にか2000リアクション突破していまして、すごく嬉しいです! タイトルにあります、 おむつを履かせるわけ、 おねしょパンツやおもらしパンツ、 また、おねしょマットやシーツを常用している訳ですが… 単純に好みです 笑 おむつ履いてたら水たまりが見えないじゃん! とか 漏らしてもわからないじゃん! って思う方もいらっしゃると思います ただ…… だって水たまり毎回掃除すんの大変じゃん! 布団とかマット汚したらクリーニング大変じゃん! っていうのが個人的な意見です…… そこは妙に現実的といいますか…… あとは 受けちゃんが うちで言うシバとか紬 が攻め様以外にはずかしい姿をあんまりお披露目したくないと言いますか 攻め様だけが受けちゃんのはずかしい姿を知っていればいいという個人的な考えです あれ?でも社長、 シバがおもらししたのヤナギとかに言っちゃうよね?って思われたかた あれは辱めじゃなくて惚気のようなものです そして私個人では 出てきた物にそんな興味が無く 出てくるまでの我慢、または 漏らしてしまって辱めに合う という所を重要視しているため 攻め様にだけ分かればいいという考えでおむつやおもらしパンツなど攻め様にのみお世話をかける形にしております なので布団やマットレスは被害にあってません いや、この前車被害者にしましたけど…… マットレスとソファ被害にあって破棄した事もありましたけど… 笑 まぁでもやっぱり水がパシャパシャ広がって 水たまり作ったりいかにもおもらししましたってズボン濡らしちゃうのも絶望的でかわいいので やらせたくなっちゃうんですけどね その時はご自宅でどんなお仕置きをするかは話し合ってください
97

これもまた、いつものことだ。

そして朝起きて失禁していた場合はオムツの水量を量ってください。

これは毎朝の習慣で、もちろん僕は我慢なんてしない。

当時、私 32歳、彼女は24歳。

幸い下半身はおむつしか身に着けていなかったので、服が汚れる事はない。

」 パパがふしぎそうにみてる。

従いましてこの話は、所々事実とは異なりますため、一応フィクションとなります。

わ、わたしっ、いもうとにおいぬかれて……ううぅ……いやだ、こんなの、言いたくないよぉ……!」 「あらあら、可哀想でちゅねぇ。

大丈夫、鈴花ちゃん、おむつ可愛いってみんな見てくれるから」 人より早く進んだ未来に生きた少女が、爽やかに吐いたのは遠回しの侮辱。

けれど僕は、彼が乗り込んでくる扉のすぐ近くにいつもいるので、彼も乗ってすぐに僕のそばにやってこれる。