五 等 分 の 花嫁 四葉 エロ 漫画。 五等分の花嫁の結婚相手!風太郎が四葉を好きになった瞬間は?|まつくん|note

作中では、結局最後まで四葉が過去に風太郎にあったとがある(京都のあの子)のが私だとカミングアウトするシーンは描かれなかったんですよね 風太郎が、京都のあの子を四葉に重ねていたようなシーンはありました
この上目遣い、反則でしょ…… そんな中、『五等分の花嫁』作品公式Twitterの中の人が、直々に中野家五つ子の魅力を徹底解説してくれています
とにかくいつも可愛い、そしてラブコメをミステリー漫画に変えた主犯ですね! 祝 リボン卒業!! ベル鐘🔔 ラストシーン 昨年の4月にnote記事で初めてお勧め漫画として記事を書いてみました、そして今に至るまで「五等分の花嫁」をリアルタイムで読み、毎週花嫁探しに熱中して、時には色々な方の考察を見て質問してみたり、何度も何度もページをめくって読み返したり、そして五つ子の可愛さに魅了されたそんな素敵な作品だったなと感じてます 一花 一花の魅力はやはり長女ならではの包容力! 責任感! そして、かいま見せる小悪魔感
僕はその点ではおそらく四葉であろうとずっと思っていました 同じショートカットの西野つかさは、いちご100%の最終回で最後に報われましたから…(笑) 四葉 or 五月 ただ話が進むにつれて、ずっと読んでいた人たちは、これは四葉か五月があやしいんじゃないかと感じ始めた人が多かったのではないでしょうか
なんとなく五月がセンターポジションというか、正統なヒロインっぽい感じがしたので、五月なのかなあとかなんとなく思ったりもしましたし、一花推しとしては、一花に報われてほしいというような気持ちもありました 五月 五つ子の中でセンターキャラクターとして、時に愛され、時に大食いキャラとして、風太郎の友としていつ恋愛するのかと最後の最後まで読者を色々と混乱に陥れたヒロインです
誰ですかこのアオリ考えたのは これが五等分の花嫁という作品を楽しむ上での楽しみのひとつであり、Twitterをはじめとして、大きく盛り上がっていました
過去に風太郎とすでに会ったことがある(風太郎にとって初恋?の人)とか、四葉の風太郎に対する気持ちだけずっと描かれていなくて、どっちなんだろうって感じだったんですが、満を持して、ずっと好きだったということが明かされるなど、とにかく四葉に関してはひとり特別な強いポジションにいたというのが読んでいて伝わってくるシーンが多々ありました (でもほんとは気づいてたりして…?) そんな感じで、かなり細かい部分の話ではありますけど、風太郎が心が動いて自分の気持ちをハッキリ分かった瞬間はどこですかとか、他にも色々と細かいあれって結局どういうことだったんですかという部分を、何かしらのカタチで作者の春場ねぎ先生が今後伝えてくれたら嬉しいです
62
原作は終わりましたけど、アニメの二期は10月から始まるということで、五等分の花嫁という作品はまだまだ終わりを迎えません。 僕も毎回新しい話を読み終わるたびに、Twitterでファンの皆さんの考察を見るのがとても楽しみでした。 打算や策略などなく、頼みごとは断れず、素直で嘘をつくのが下手で… と思いきや、風太郎に告白した時のこの顔! 普段が素直だからこそ際立つギャップ! というかこんなことされたら鼻血止まらなくなると思うんです。 ブログ考察勢は一花好きが多い印象を受けました 二乃 個人的に二乃は終盤に来てグッと親しみを感じてました。 そして、四葉の気持ちが判明した時点で、僕は完全に四葉を応援したい、四葉に何がなんでも報われてほしいと思うようになりました(笑) 風太郎は、いつから? そこで、風太郎は一体どこで四葉を恋愛対象として意識したのか。 最初の出会い、スクラン、シスターズウォーなど三玖が至る所で風太郎と向き合い、恋愛して私たち読者をメインヒロインとして魅了してくれました。 告白キャンセルをキャンセルしたり、押して駄目なら引いてみたり、最後まで姉妹を大切に思う愛を描いたり、その素直さに心から魅了されたヒロインです 三玖 作中でひたむきに恋愛をして一番成長した姿を見せたのが三玖だと思います。 一花は優しさと思いやりを持った素敵で魅力あるヒロインです。 なぜなら、推しが選べない… 「どの子を選ぶ?」とか言っている場合じゃないです。

『五等分の花嫁』は本当に罪な漫画だと思います。

普通に。

最初のうちは本当に誰が結婚するのか分かりませんでした。

一花、二乃、三玖、四葉、五月の五つ子の中で主人公・風太郎と結婚する相手は誰なのか。

選べません!!みんな個性が際立っていて可愛いんですよ。

こうやって思い返してみると五月は妹的な可愛さもありますね、五等分の花嫁における1番の愛されキャラヒロインです 四葉 私は四葉推しでした笑 五等分の花嫁の作中において明るく、可愛く、時にもどかしい、そして過去の幼きヒロインとして風太郎と出会い、五等分の花嫁となり私自身をも魅了したヒロインです。

【五等分の花嫁の記事まとめはこちらから】. 作者の春場ねぎ先生には最高の感謝とお礼を送り、また素敵な作品を期待したいと思います。

そして好きになった人には素直な表情を見せる、そんなところも可愛さのひとつです。

1