ハーディー ワイン ベルグ の 法則。 「高校生物」ハーディー・ワインベルグの法則と遺伝子頻度の計算問題の解き方|高校生物の学び舎

共同研究者リトルウッドJ. Stern 1962 によると、ワインベルグは多忙な開業医として42年間を過ごした。

なぜだろうか。

集団内の遺伝子総数はその集団の 遺伝子プール である。

この遺伝子頻度をそのまま、子孫である集団Yの遺伝子頻度として用いることができます。

Malecot, G 1948 Probabilites et Heredite. 自分が適切に評価されていないとも思っていたようでもある。

この法則はシンプルだが奥が深く、式を適用することでさまざまな現象を予言することができる。

ここで、式 4 を平方根の計算をしてみると、• 新しい平衡が成立すると,• 1000人中2人の天然パーマがいなくなったところであまり影響はありませんよね。

少ないサンプルでフィッシャーの正確確率検定を行ったときと同様、ここでの 有意性は離散的になっている。

しかし,ある集団に属す個体が,同一種の他の集団からの移入個体と交配することがある。

集団に遺伝子Aがpという頻度で存在、遺伝子aがqという頻度で存在し、その組み合わせを考えている形になっています。

50 62