ニコン z50 レビュー。 小型ボディに高性能を凝縮 :『Nikon Z50』 実写レビュー

チルト式なのでハイアングルやローアングルはもちろん、下方向に開けば自分撮りもできます。 レンズが良ければ全部ひっくりかえせたりしますからね。 Z50の最大のメリットといって良いのが、液晶モニターも見やすく作られていますが、何より EVF 電子ファインダーの見易さに高いものがあります。 良い写真を撮るために研ぎ澄まされた道具。 また、 5段(CPIA規格)の手ぶれ補正を搭載していて手ブレの影響を受けずに撮影をすることができます。 検索: 最近の投稿• スマホと同じような操作感覚でタッチ感度も良好です。 まずはオートフォーカスの速さと正確さです。
19

ただし、キヤノンはスマホユーザーやカメラ初心者向けに工夫を凝らしています。

普段使いではストレスを感じませんが、苦手なシーンだと思った所にピントが合わないことが多いです。

例えば、日中の野外でのカメラの操作や設定を液晶モニター越しに見ていると、周囲が明るいために見えづらいことがあります。

ディスプレイボタン そのまま左肩へ目を移すとディスプレイボタンがなくなっています。

むしろキレのある画に驚きました。

さて、Z50ですが、正直発表されたとき 軍幹部の形が嫌いという印象でした。

価格帯が競合するEOS RPとZ50を選ぶ 決め手はやはりセンサーサイズでしょう。

まとめ 不満も書きましたが、カメラのクセさえ掴めばZ50はこの価格帯のカメラでは圧倒的な高画質性能を気軽に楽しめる優れたカメラだと思います。 3 VR) ダブルズームレンズキットは上記の16-50mmのレンズと50-250mmのレンズの二本と本体がセットになったものです。 ここに並ぶ拡大・縮小、DISPボタンはタッチ操作なので操作が少し不安でした。 タッチボタン 液晶モニターの右側がタッチボタンになっていることも特徴です。 またコントロールリングも用意されていて、MF切り替えやISO感度など機能を割り当てることができます。 ニコン一眼レフのレンズをZ50で活用したい方には、マウントアダプターキットがおすすめです。
20