チンギス ハン フビライハン。 世界の4分の1を支配していた!? モンゴル帝国とチンギス・ハンの歴史

フビライは南宋を刺激するのを避けてチベットの東部を迂回する苦しい行軍の結果、 西暦1253年には雲南を支配する大理国を降伏させました。

6年前に18歳で執権職を継いでいた彼は、先代の政村の補佐も受け、強気な姿勢を崩さなかった。

この貿易は国内外に大きな利益と繁栄をもたらします。

彼の本名は「テムジン」といいましたが、有名になってからはチンギスハンの名前が定着していったのです。

チンギスハンはモンゴル帝国の皇帝に即位したときにシャーマンによって付けられた称号であり、王としての名前でした。

もっとも重要なモンゴル草原を継承してモンゴル帝国の皇帝になります 最盛期にはヨーロッパの一部からトルコ、アフガニスタン、中国、朝鮮半島までを征服しました
これにより第5代皇帝として即位することになりました その点、彼らにはこれらのなんらかが備わっていたことがかんがみられます
1232年1月開封西南の三峰山にて金・モンゴル両軍が激突 元の初代皇帝となる 1260年に即位したフビライハンはモンゴル帝国において初となる「中統」と呼ばれる中国風の元号をたてました
国を強くするため侵略を続け、広くなりすぎて、様々な文化圏の領地を納めなければならなくなったモンゴル帝国 しかし、実は義経は死んでおらず、海を渡ってモンゴルに逃げ延びた後、チンギスハンとして活躍したのではないかというのです
モンゴル帝国とは モンゴル帝国はこんなにすごい国だった! モンゴル高原に現れたチンギス・ハンが遊牧民を統合し1206年に築いた帝国です その行く手を石の壁「万里の長城」がはばみます
1206年にモンゴル部出身のチンギス・ハーンがモンゴル高原の遊牧諸部を統一して建て,のち彼とその子孫がユーラシア各地に支配を拡大した帝国 実は、この二人の大王とも墓のありかがいまだにわかっておりません
元軍はこれで一定の成果を挙げたと見たのか、それとも副将・劉復亨の負傷の影響か、撤退する うん、よほど元気になるんですね、乳酸菌で
とはいっても、4,400艘の船団全体が被害を受けたわけではない いわゆる創業者です
9