音楽 記号 アクセント。 強弱法/強弱記号

スタッカートよりは短く。

最も一般的な奏法で「ボウシング」とも言う この場合はcresc. アクセントをつける
音符の真上でなく、次の音との間に書かれている場合には、その音を演奏してから、次の音に移る直前に2度上の音—その音—2度下の音—その音と、音を揺らす 日米でもクラシック界の本流ではそういう解釈は、まだまだ、通用しない
また、音楽家としての感性の鋭さと楽譜に対する学者的中立性を両立させることも強く要求されることが望まれる この指示がなくても、不可能なほど速い刻みを求められた場合は、なるべく速くの意味にとっていい
これは変ですよ 強弱記号の音量的意図を理解する上では、また別の重要な問題が存在する
徐々に弱くしてゆく その他 [ ] 表記 読み 意味 備考 (音符等の上 ) (音符等の下) 程よく伸ばす・拍を停止する 音符に付けられた場合には、拍節を止める意味の場合が多く、音符が音価よりも長く伸ばされることが多い
= ストラッシナンド strascinando 音を引き伸ばしながら、ゆっくりと演奏する 5拍伸ばす 全休符 4拍休む 付点2分音符 3拍休む 2分音符 2拍休む 4分音符 1拍休む 8分音符 0. 京都府• 上の段はスタッカート、下の段は強いアクセントとつける感じというのでOKみたいです
静岡県• 高知県• 本来、その前の音量よりも大きくさせたい際に用いられた指示であったが、後に、絶対的な理想としてのより大きい音量を指す際に用いられることとなり、新しい音楽においては相対的音量を示すものではなくなった 香川県• 北海道• 同じ音が続く場合のみタンギングやボウイングをする
茨城県• 2番カッコ 反復の2回目のみここを演奏する このネタは団長氏から教えてもらった文献を元に膨らませたものです
アッチェント、アクセント accent 最初は弱くから始まって、だんだん強くして、弱める この譜面は新モーツァルト全集 1957年刊 のものです
これどうなんでしょう?自筆譜は全部点にも見えますよね?ほかの所もみんなこんな感じで微妙なのです 最初は1番カッコに入って直前のまたは曲頭に戻り、反復時は1番カッコに入らずその直前から2番カッコに飛ぶ
51

2種の強弱記号の組み合わせは本来自由にされ得る。

」とあります。

例えば、図のように4分音符が2つ記載されていたとします。

のあとでは一般に反復は省略される。

なのでサックスをはじめたばかりの初心者ちゃんはそこにはとりあえず深入りせず、この記号を「 山型アクセント」もしくは「 アクセントスタッカート」と呼び、「 強く短く」吹いてニコニコしておきましょう。

スフォルツァンド 付与音のみに強勢をおいて 発音後に強弱を転じることのできる楽器においては、瞬間的な強勢後、音勢を急激に抑える。

本来、その前の音量よりも小さくさせたい際に用いられた指示であったが、後に、絶対的な理想としてのより小さい音量を指す際に用いられることとなり、新しい音楽においては相対的音量を示すものではなくなった。

和歌山県• = レガート legato ボウイングやタンギングせず、 次の音と 滑らかにつなげて演奏する。

rt、fz、sf、sfzなどの記号はアクセントのこと• 音符の向きによって、 上につくこともあれば、下につくことも あります。

すなわち、同じ音量バランスをもって奏されて欲しい楽器群があっても、楽器の性能に合わせて強弱指示されていたため、それらの楽器群が全く同じ記号が付与されるとは限らないわけである。

71