コスモ スポーツ。 スタッフ紹介

RX-7(1991〜2002年):このFD3S型からサバンナの名前が外れ、当初はアンフィニから発売されていた また、開口部のリッド類は来たるべき高速時代を見越して、全て安全な前(エンジンフードは逆アリゲーター)とされた
またそれは、シングルローターのエンジンであった ボディカラーはアルペンホワイト・マロンルージュ、シートカラーは赤
ちなみに筆者の通学路に面していた屋根付きの駐車場にも、コスモスポーツがいつも収まっていて、その美しいシルエットは今でもハッキリと記憶されている ブルーレイ再生• このため内装、装備に至っても高級感と豪華さを押し出したものとなり、赤いボディカラーとともに注目を受ける存在となった
また、この車が多くの人々に愛された理由は、トルコンATの採用にある 1964年の東京モーターショーでコスモスポーツは正式に発表された
ロータリーエンジンは極力低く、そして後方に配され、のちのマツダのともなるフロント・の発想が既に生かされていた ターボ過給された3ローターエンジンの大パワー(高トルクと高回転)に耐えられる乗用車向けMT用クラッチが当時は開発されていなかったため、当時のスポーティーカーとしては異例となる全グレード車のみの設定となった
「全域・全速ターボ」と名付けられたこのエンジンは、1982年当時の国産車の中ではトップクラスの性能を誇り、1980年代に行われる高性能戦争へ先鞭をつけた 低く構えたボディを含め、すべてが新鮮に感じられるクルマであった
の低さとエンジンフード(リッド)の小ささは、ロータリーエンジンのコンパクトさを暗示している 本来であれば、東京オートサロン2021のNATSブースに展示される予定でしたが同イベントのリアル開催が新型コロナ禍の影響により中止されたことでお披露目の機会を失っていたといいます
インパネはいかにもスポーツカーらしい直線基調のデザイン 福田恵子 コスモの経理の傍ら、着付け師、着付け教室講師としても活躍中
84
ETC• アンフィニRX-7 type R FD3S : 5. このデザインは、今風のコスモスポーツはこうなるだろうと、制作チームのメンバーで色々話し合って出来上がりました 実際にCOSMO VISIONを制作した学生は次のように説明しています
CCSグレードに標準装備した 皆さんは「1960年 昭和35年 」と言われて、日本の道路をパッと思い浮かべることはできるだろうか
社外委託試験は当初、(昭和40年)8月から開始され、貸与される試験車の数は30台の予定であった スタッフ紹介 営業部• 特に、野球の事は、お任せ!手入れ方法など、お困りな事アドバイスします
ターボチャージャー• その最初を飾ったのがコスモスポーツだった 車重は940と比較的軽量であった
パワーシート• 優勝は、 神戸市立長峰中学校です 助手席エアバッグ• ブレーキを踏み、シフトノブの頭についたボタンを押しながらレバーを前に倒すと1速
メモリーナビ• サバンナRX-7 GT-X FC3S : 5. APとはアンチポリューション・対策の意味である 歴代コスモの中では、初代であるコスモスポーツ以来のロータリーエンジン専用車であり、エンジンにはと、市販車では世界初となる3ローターの20B-REW型の2種が設定された
それまでオート3輪1筋だった東洋工業が開発に乗り出したのもうなずける 一次試作車は、自動車ショーが開催されるまでに5台製作されている
11