社会 主義 と 資本 主義 の 違い。 社会主義・資本主義・共産主義・民主主義の違い

誰もが平等にある程度の衣食住に関わるものは配給されます。

さらに、目的に属する決定も当局によってのみ行われます。

資本家と労働者という階級対立をなくし、すべての人々を労働者として平等な社会をつくろうとしました。

資本家が所有している「生産手段(資本)」を、国が管理し公有化し、生産するものは国が計画的に行う経済形態。

自由市場経済または自由放任経済としても知られています。

ですからそれぞれについて別々に国を当てはめると 政治体制 民主主義の国:イギリス・フランス・アメリカ 独裁制の国:ドイツ・イタリア・ソ連・中国(国民党) 王政の国:日本 経済体制 資本主義の国:イギリス・フランス・アメリカ 社会主義の国:ソ連 国家社会主義の国:ドイツ・イタリア・日本 外交政策 基本的には当時の大国はすべて帝国主義。

69 77

個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口 (0120-924721 通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

「社会主義」とは「国が経済を管理することによって、みんな平等にお金を稼げる」という考えで、「国民全員公務員」といえばわかり易いです。

計画された生産があるので、消費者主権は場所がありません。

企業の自由があります。

しかし、そのために何を犠牲にしなければいけないのか、どのように実現をしていくのかを議論し続ける必要があります。

多くの作業の「機械化」が進むと、その 「機械」や 「工場」「土地」を所有する人が現れます。

働けば働いた分だけお金がもらえるのは嬉しいですが、 「資本主義」にもデメリットがあります。

従業員の給与が減れば、税収入が減ります。