イタリア の 校長 の メッセージ。 イタリア ミラノの校長先生のスピーチは素晴らしい。

36 38
ウイルスを食い止める壁の不存在は、今も昔も同じ おわりに さて皆様いかがでしたでしょうか? 今回は 「イタリア・ミラノ|高校校長先生の手紙メッセージの全文日本語訳は?」と題してお送りさせていただきました
冷静さを保ち、集団のパニックに巻き込まれないこと それはよくある群集心理だが、そんな自分の気持ちの動きを冷静に受け止めてほしいと伝えた
スーパーや薬局に駆けつける必要もないのです 2020年月3月2日、朝日新聞社などが配信したイタリアの記事が、大きな話題を呼びました
体調に問題がないなら、家に閉じこもる理由はありません 呼びかけられても困るのだが
では近いうちに、学校でみなさんを待っています 新型コロナウイルスの感染拡大で休校になったイタリア・ミラノのヴォルタ高校の校長が、生徒に向けて発信したメッセージが話題になったのはすでに2カ月以上前
見えない敵に脅かされた時、人はその敵があちこちに潜んでいるかのように感じてしまい、自分と同じような人々も脅威だと、潜在的な敵だと思い込んでしまう、それこそが危険なのです そこには、未曾有の事態に直面した日本に「生きる力を与える言葉」を伝えたいという編集担当者・原田敬子さんの想いがありました
スーパーや薬局に駆け込むのはやめましょう どう時間を過ごしていいのか、何を考えればいいのかもわからなかった
記事後半で、詳しい要旨を紹介します それは社会生活や人間関係の荒廃、市民生活における蛮行です
16世紀や17世紀の時と比べて、私たちには進歩した現代医学があり、それはさらなる進歩を続けており、信頼性もある それによって動物と人間の距離が、本来よりも近しく密接になる
ドイツのアラマン人たちがミラノにペストを持ち込んだのだ それは社会生活や人間関係の荒廃、市民生活における蛮行です
75